携帯電話死亡時解約,スマートフォン死亡時解約

みのりある日々~お役立ち情報

みのりある日々になるように、生活に役立つ記事をお送りします

死亡した家族の携帯電話(スマホ)を解約するにはどうすればいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


スマートフォン

悲しいことながら家族が死亡した場合、遺品整理をする必要があります。死亡直後から葬儀が終わるまでは何かとバタバタしますが、少し日数が経過すると身の回りの整理を進めていきましょう。

最近はIT遺品が話題を集めていますが、今回は故人の携帯電話(スマートフォン)の扱いについて書いてみます。

スポンサードリンク

死亡した家族の携帯電話(スマートフォン)は解約するか承継するか


死亡した人の携帯電話(スマートフォン)は解約するか、家族が引き継いで使用する「承継(しょうけい)」のいずれかになります。承継の手続きをすると、その携帯電話の名義は故人から手続きをした家族に変わります。

死亡後も何も手続きをしないと、契約者は死亡した家族の名義のまま残ります。ただし、死亡した人は銀行口座が閉鎖または解約するので、携帯電話の通話料など料金の引き落としができなくなります。クレジットカードも解約してしまいます。コンビニ払いなどにしていればそのままでもいいのですが、遺族の気持ちの整理がついたら解約するか、家族が承継するかを選択するといいでしょう。

承継すると基本料金などの費用はかかりますが、家族の名義としてそのまま使うことができます。

解約と承継、それぞれの手続き方法を見てみましょう。

死亡した人の携帯電話(スマートフォン)の解約方法


死亡した人の携帯電話の解約方法はキャリア(携帯電話の会社)によって異なります。

死亡した人の携帯電話の解約方法 (ドコモの場合)


以下のものを持ってドコモショップで解約手続きをします。

●必要なもの
・手続きする人(来店する人)の本人確認書類……運転免許証、マイナンバーカード(個人番号カード)。どちらもない場合は健康保険証など
・死亡を確認できる書類……死亡診断書、葬儀の案内状など
・ドコモUIMカード(FOMAカード)……紛失している場合は不要

●費用
解約手数料は不要です。解約日までの利用料金は翌月請求されます。また、本体代の支払いが残っている場合はそれも請求されます。

死亡した人の携帯電話の解約方法 (auの場合)


以下のものを持ってauショップで解約手続きをします。

●必要なもの
・解約する携帯電話本体
・手続きする人(来店する人)の本人確認書類……運転免許証、パスポート、マイナンバーカード(個人番号カード)、健康保険証など
・死亡を確認できる書類……死亡診断書、戸籍謄本、戸籍抄本、除籍謄本、除籍抄本、葬儀の会葬御礼状、新聞のおくやみ欄など(いずれか1点の原本
・来店者の印鑑

●費用
解約手数料は不要です。解約日までの利用料金は翌月請求されます。また、本体代の支払いが残っている場合はそれも請求されます。

死亡した人の携帯電話の解約方法 (ソフトバンクの場合)


以下のものを持ってソフトバンクのショップで解約手続きをします。なお、解約手続きができるのは亡くなった人の法定相続人に限られます。
法定相続人とは
①配偶者
②子(子が死亡している場合は孫)
③親(または祖父母)
④兄弟姉妹
のいずれかの人です。

●必要なもの
・手続きする人(来店する人)の本人確認書類……運転免許証、パスポート、マイナンバーカード(個人番号カード)、健康保険証など
・死亡を確認できる書類……死亡診断書、戸籍謄本、戸籍抄本、除籍謄本、除籍抄本、葬儀の会葬御礼状、新聞のおくやみ欄など(いずれか1点、コピーでも可能)
・USIMカード(紛失の場合はその旨を手続きの際に伝える)

●費用
解約手数料は不要です。解約日までの利用料金は翌月請求されます。また、本体代の支払いが残っている場合はそれも請求されます。

死亡した人の携帯電話の解約方法 (ワイモバイルの場合)


ワイモバイルは店舗がないので、カスタマーセンターに電話をして解約書類を取り寄せます。その後、以下の書類と解約届出書を郵送します。

●必要なもの
・手続きする人の本人確認書類……運転免許証、パスポート、マイナンバーカード(個人番号カード)、健康保険証などのコピー
・死亡を確認できる書類……死亡診断書、住民票、除籍がわかる戸籍謄本、通夜告別式のお知らせなどのいずれ1点のコピー
・USIMカード(紛失の場合はその旨を手続きの際に伝える)

●費用
解約手数料は不要です。解約日までの利用料金は翌月請求されます。また、本体代の支払いが残っている場合はそれも請求されます。

どこの携帯電話会社も手続きはほぼ同じですが、ソフトバンクだけは死亡に伴う解約は法定相続人に限定されているので注意しましょう。

死亡した人の携帯電話を承継する方法


死亡した人の携帯電話をそのまま家族が引き継いで使う場合は、死亡時の解約と同じようにあらたに契約者となる人の本人確認書類と死亡が確認できる書類、印鑑などが必要です。

さらに料金を支払うための金融機関の口座番号がわかるものを持参します。通帳やキャッシュカード、銀行の印鑑などが必要です。

死亡した人の携帯電話はいつ解約すべき?


死亡したからと言って、すぐに解約するのは抵抗を感じるという人が多いのではないでしょうか。

死亡しても友人がメールを送ってくれるという場合があります。それは亡くなったことを知っていても、あえて生前と変わらずに接してくれているのです。

故人の友人からメールが来る間はそのままにしておくのもひとつの方法です。

また、死亡したことを知らずに連絡をする人もあります。その場合の連絡用に一定期間(3ヶ月や半年間など)はそのままにするという人もいます。

いずれの場合も承継とせずに支払い口座だけを変更したり、コンビニ払いなどに変えればそのまま使えます。

ただ、毎月の料金もかかることなので、遺族の気持ちの整理がついたころに解約されるといいでしょう。解約した番号に電話をかけると、「おかけになった電話番号は現在使われておりません」というメッセージが流れます。それで相手は「何かあったんだ」とわかるでしょう。知り合いなどに「電話が通じなかった」と尋ねることで死亡を知るということもあります。

頃合いを見て解約の手続きをするといいでしょう。

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
よく読まれている記事
カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ