神道の葬儀,みたまうつしの儀

みのりある日々~お役立ち情報

みのりある日々になるように、生活に役立つ記事をお送りします

神道の葬儀~みたまうつしの儀とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


葬儀

歌舞伎俳優の市川海老蔵さんの奥様・小林麻央さんが逝去されましたね。
お若くて家族思いで海老蔵さんやお子様、ご家族の心の支えだったのに残念です。

市川家はお父様の市川団十郎さんの葬儀も神道で執り行われました。
今回、麻央さんもみたまうつしの儀をはじめ、神道で行われるようです。

仏教徒が多い日本では神道の葬儀は少ないのですが、ここではみたまうつしの儀や神道での葬儀の流れやマナーについてご説明します。

スポンサードリンク


神道の葬儀とは


仏教の葬儀では「故人は極楽浄土に旅立つ」と考えて、仏様のもとに送り出すという意味を込めて行われます。
三途(さんず)の川を渡ってあの世(彼岸)に向かうとされ、三途の川の渡し賃として六文銭を棺に入れます。

しかし、神道では故人の魂はあの世に行くのではなく、守護神として家にとどまって家族を見守ってくれるという考え方をします。
また、神式の葬儀は自宅または斎場などで行われ、神社では行いません。

神道の葬儀の流れ


神道の流れは次のように執り行います。

①帰幽奉告(きゆうほうこく)…神様につつしんで報告申し上げます。

自宅の神棚を閉じて白い紙を貼って神様に死亡を伝えます。

②枕直しの儀

仏教でいう枕飾りのように小さな机などに米、水、酒などを供えます。
また、ご遺体には白い衣装を着せ、北枕にして安置します。

③納棺の儀
遺体を棺に納めます。

④遷霊祭(せんれいさい)
仏教でいう通夜にあたります。
神職が祝詞を奏上し、遺族や参列者は玉串を奉ります。
また、この際に遷霊祭を行いますが、これが「みたまうつしの儀」です。

みたまうつしの儀は部屋を暗くして行います。
神職が遷霊詞を述べて警蹕(けいひつ)という掛け声(大きな声)をかけて故人の霊を霊璽(れいじ)と呼ぶ仏教での位牌に移す儀式を行います。

これで仏教における通夜は終わります。

⑤葬儀
神職による祭詞を奏上し、遺族、参列者の玉串、弔辞、弔電の奉読などが行われます。

⑥火葬祭

火葬の前に神職が祭詞を奏上します。
仏教における僧侶の読経と同じです。ここでも遺族は玉串を奉ります。


神式の葬儀では玉串奉奠(ほうてん)を行う


仏教の葬儀では焼香がありますが、神式の葬儀の場合は遺族も参列者も玉串を捧げます。

方法は次の通りです。

①神職に一礼し玉串を受け取る
(右手は枝の上から持ち、左手は枝の下から添える)

②玉串奉奠の机の前まで進み、軽く一礼する

③玉串を胸の高さまで持ち上げ、葉先が祭壇(遺影)の方を向くようにする

④右手と左手の位置を持ち換えて、玉串の根元が祭壇の方を向くようにする

⑤玉串を両手で机の上に置いて、静かに二礼(二回おじぎをする)、二拍手(音を出さないまたは小さな音で)、再度礼(おじぎ)をして自分の席に戻る


それほど難しい動作ではないのですが、日ごろあまり行わないことだけに戸惑うかも知れません。
周囲の人のやり方などを見ておくといいでしょう。

神式の葬儀に参列する際の注意点


服装は仏教、キリスト教の葬儀と同じで一般的な喪服を着用します。
ただし、数珠は持参しません。

神式の葬儀の香典について


香典の表書きは「御霊前」「御神前」「御玉串料」などとします。

市販されている香典袋(不祝儀袋)には「御霊前」と書かれたものがあるので、それを利用するといいでしょう。

神道では成仏とは言わない


キリスト教でも神道でも「成仏(じょうぶつ)」という言葉は使いません。
供養という概念もないので、口に出さないように注意しましょう。

もしお悔やみの言葉をかけるならば「御霊(みたま)の平安をお祈りいたします」とされるといいでしょう。

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
よく読まれている記事
カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ