虫刺され,蚊,蚊に刺されやすい人,蚊血液型

みのりある日々~お役立ち情報

みのりある日々になるように、生活に役立つ記事をお送りします

蚊に刺されやすい人の特徴~血液型で変わるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


蚊01

同じ場所にいても、蚊に刺されやすい人とそうでない人がいますよね。
この違いは何なのでしょうか?

よく血液型がO型の人は刺されやすいと聞きます。
私はO型で、確かに刺されやすい気がします。

それに、甘い物が好きな人は刺されやすいとか、お酒が好きな人は刺されやすいとか。
いろんな説があるようです。

真相はどうなのでしょうか?

スポンサードリンク


子どもは刺されやすい?

小さな子どもとおじいちゃん・おばあちゃんなど高齢者がいる場合、
子どもの方が刺されやすいようです。

子どもの皮膚は柔らかいから刺しやすいのでしょうか?
「若い人間の血の方がおいしいから」なんて、まるでドラキュラのような説もあります。

まあ、確かに年齢とともに皮膚の皮が硬くなって、刺しにくいような気はしますけど。。。

と思っていたら、テレビでその謎を解明していました。

ある防虫剤などを作っている会社の人のお話です。

蚊は血液型で刺す相手を選んでいるわけではないということでした。

年齢でもないそうです。
では決め手は何なのか?

実は体温・人のにおい・二酸化炭素・色の4つの要素があるそうです。

蚊が好む要素とは

まず、蚊が好む色があるそうなのですが・・・何色でしょうか?

正解は「黒」です。
白い服を着た人と、黒い服を着た人で実験をしたところ、黒い服の方に多く蚊が集まってきました。

そういえば暗やみでよく蚊が飛んでいるのは、そのせいでしょうか?

・次に人のにおい。特に汗のにおいに反応するそうです。
実験では人の汗をしみ込ませたハンカチと、何もしていないハンカチを置いて、蚊が集まるかどうか比べていました。

その結果、汗をしみ込ませた方だけ蚊が集まってきています。

汗のにおいが好きなんですね!

・そして、二酸化炭素。これは人の息を吹きかけた箱の方に多く蚊が集まってきました。

最後に体温ですが、人間と同じくらいの温度の電気カイロを置いたところ、わんさかと集まってきました。

ということで、蚊は黒い色、汗のにおい、二酸化炭素、体温が高い人を好むということがわかりました。

小さな子どもはよく動いて汗をかいていますし、体温が高いので、よく蚊に刺されるということなのですね。

蚊の予防に効果があるのは?

蚊を予防するのにアロマオイルがいいと言われますが、本当でしょうか?
その実験もテレビでやっていました。

実験では
A:何も対策をしない
B:アロマスプレー
C:香水
D:日焼け止め
E:虫除けスプレー

のそれぞれを腕に塗って、蚊がいる箱の中に腕を入れます。
実験をしている人は気の毒に、次々と蚊に刺されていました。

その結果、もちろんAの何もしないという人は刺され放題です。
香水やアロマスプレーは若干少ないものの、虫除けの効果はそれほど期待できないということがわかりました。

そして、やはり一番効果があるのは虫除けスプレーでした。

製薬会社が研究した結果開発された虫除けスプレーの効果はすごいんだなと実感!

今年は外に出るときは虫除けスプレーを忘れないようにします!

ちなみに血を吸うのはメスの蚊だけなんだとか。
あのぶ~んという音だけでもかゆくなってきますね。

みなさんも虫除け対策はお忘れなく!

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
よく読まれている記事
カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ