浴衣着付け,浴衣小物,浴衣着崩れ予防

みのりある日々~お役立ち情報

みのりある日々になるように、生活に役立つ記事をお送りします

浴衣の着付け準備はこれで万全 持ち物とヘアセット、お出かけの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


浴衣

夏祭りや花火大会などに浴衣でお出かけ。いいですね。最近はかわいい浴衣と帯、小物のセットが安くて売っていますから、ぜひ浴衣で出かけたいもの。でも、着付けや着崩れが心配というあなたに、着付けてもらう場合の持ち物やヘアセットの注意点と出かけた後の着崩れ予防策をご紹介します。


スポンサードリンク
  

浴衣を着付けてもらうときの必需品 ベスト5

浴衣の着付けは本格的な着物と比較すると簡単ですが、最初は難しいものです。
そこで着付け専門店や美容院などで着付けてもらいましょう。

そのときは自分で持参するものがいくつかあります。
浴衣と帯だけを持って行けばいいというわけではないので、注意してくださいね。

では、着付けの際に必要な5つのグッズをご紹介しましょう。
ネットで「浴衣 着付け 小物」などで検索するといろいろ出てきますが、基本はこの5つだけです。


肌着
肌着と言っても、タンクトップではありませんよ。浴衣用の肌着があります。
できれば「浴衣用」とか「夏用」として売っているものにしましょう。
夏用は汗を吸いやすい素材を使っています。一方、冬用は温かくする目的があります。
特に浴衣は夏祭りなど暑い時期に外を歩く時に着用するものです。
吸湿性のある素材がおススメです。

中には「暑いから肌着はいらない」と思う方がいるかも知れません。
しかし、これはNGです。

その理由は
  • 汗を吸わない
  • 浴衣の素材によっては透けてしまう
  • 背中のえりぐりから肌が見えてしまう
など問題があるからです。

ぜひ、浴衣用の肌着を準備してくださいね。

腰ひも
着物の着付けでは「腰ひも」は必需品です。
帯を締める際や腰の位置を決める際などに使います。
これは3本セットなどで安く売っているので、ぜひ買っておきましょう。
浴衣以外の着物を着るときにも使えますよ。
着付けた後は外からは見えないので、派手な色でも、お母さんやおばあちゃんの使っていたものでも構いません。

着付けベルト
コーリンベルトとも呼ばれているもので、着崩れを防ぐために使います。

帯板
帯を締めるときに使います。
前板とも呼ばれています。
これがないと、帯がふにゃとなったり、しわになったりします。
ぜひ準備しておきましょう。

タオル
スマートな人はウエスト部分に巻きます。
なくてもいいのですが、あまりにウエストが細いと浴衣を着たときにきれいに見えません。
せっかくなので、用意しておきましょう。

着付けを事前にお願いに行くと、「小物と一緒にタオルを2枚ほど持って来てください」と言われることがありますが、これはそのためです。

後はもちろん、浴衣と帯、下駄、巾着などは必要ですよ。
当日あわてないように、準備しておきましょう。


着付けが先?ヘアセットが先?答えは○○○

着付けとヘアセットを別の店でしてもらう場合、どちらを先にするべきでしょうか?

ヘアセットを先にすると、着物用のヘアスタイルで着付けのお店まで行かなければなりません。
一方、着付けを先にすると、ヘアセットをしてもらう場合にイスにもたれると着物や帯が崩れてしまう可能性があります。
イスにもたれずに、背中をしゃんとしてヘアセットをしてもらうのは、これまた大変です。
また、美容師さんも浴衣を汚さないか、冷や冷やしながらの作業になります。

なので、結論としては

1.ヘアセット
2.着付け

がベストです。

その方が美容師さんも着付けの方もやりやすいんですよ。
着付けてもらう方も安心してお願いできます。

できれば美容院でヘアセットも着付けも一緒にしてもらうのがおススメです。
特に「浴衣の着付け やっています」などと書いていなくても、多くの美容院では着付けをやってくれます。
一度聞いてみましょう。

また、夏祭りや花火大会など人出が多いイベントに浴衣で行く場合は、会場に近いところでやってもらうと移動が楽で安心ですよ。

出かけた先で着崩れが心配!予防法と対策

最後に出かけた先で着崩れしないための予防策と、着崩れてしまった場合の対策をご紹介します。

浴衣の着崩れを防ぐ予防策

まず、動き方に注意です。

洋服を着ているときのように大股で歩かないように気をつけましょう。
大股で歩くとすそが乱れてきます。
それを直すのは大変なので、いつもよりも歩幅を小さくして歩くようにしてください。

・トイレの方法
浴衣と肌着のすそを一緒に腰まで持ち上げます。そのときに横に広がらないように気をつけましょう。
また、すそが汚れるのを防ぐためにも洋式のトイレの方がおススメです。

トイレが済んだら、すそをそっと下に下ろします。
鏡で乱れていないかチェックしましょう。
前のすそが長くなっていたら、おはしょりで長さを調節します。

・タクシーの乗り降り
車に乗るときに足から入ろうとすると、すそが広がってしまいます。頭から入るのも同じで、足が広がる原因になります。
「車に乗るときはお尻から」
これを忘れないようにしましょう。

まずお尻を座席に乗せて、それから両足をそろえてすわります。
見た目にもきれいですよ。

浴衣が着崩れた場合の対策

前見ごろ(胸元)が乱れてきたときは、反対側のそで口から手を入れてえりを引っ張ってあげます。
その場合、着物ベルトがあればそっと付け直すといいですよ。
次におはしょりの重なってある上の部分をそっと下に引くと、胸元がしゃんとします。

すそが広がってきたら、長くなっている方の上前を腰紐の上まで押し込みます。
このときに腰紐がゆるんでいたら、結び直しましょう。

浴衣の崩れは帯周辺で解決できます。
あわてずに落ち着いて、少しずつ直していきましょう。

まとめ

浴衣の着付けには、浴衣本体と帯以外に腰ひもやベルトなどの小物が必要です。
着物の店では浴衣小物セットとして安く売っていますし、お母さんやおばあちゃんの使っているものでも大丈夫です。
ぜひ準備しておきましょう。

着付けをする前にヘアセットをしておくと安心です。
できれば同じ店でやってもらうと、手間が省けます。多くの美容院で着付けとヘアセットをやってくれるので、一度聞いてみましょう。

浴衣の着崩れを防ぐには、大股で歩かない、タクシーなど車に乗る場合は腰からを意識してください。
また、着崩れてしまった場合は、そで口から手を入れて引っ張ったり、腰ひもやおはしょりなどで調節すれば解決します。

今年の夏はぜひ浴衣で楽しみましょう。

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
よく読まれている記事
カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ