京都祇園祭浴衣,京都浴衣レンタル,祇園祭浴衣着付け

みのりある日々~お役立ち情報

みのりある日々になるように、生活に役立つ記事をお送りします

京都・祇園祭に浴衣を着て行きたい人 必見!浴衣レンタルと着付けのお店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


祇園祭 浴衣

京都の夏と言えば祇園祭です。日本三大祭のひとつで、日本全国だけでなく世界中から観光客がやってきます。
人は多いのですが、せっかくの夏のお祭りですから、浴衣で出かけてみませんか?
浴衣は持っていないという方や自分で着られないという方でも大丈夫です。京都には浴衣レンタルの店がたくさんあります。また、着付けとヘアセットをしてくれる店もたくさんありますよ。このページではおすすめの浴衣レンタル店をご紹介します。

スポンサードリンク
  

祇園祭に浴衣で行くならレンタルがおすすめ

祇園祭は観光客が多いけれど、浴衣でも歩けるだろうか?
と不安をお持ちの方、ご安心ください。

祇園祭は宵々々山から宵山、山鉾巡行の7月17日は四条通りから河原町通りに至る一帯が歩行者天国になります。

人出は多いですが、浴衣でも楽しめますよ。

多くの方が浴衣で来ています。親子やカップル、夫婦で浴衣を着ている方も多いので、ぜひ浴衣で行ってみてください。

もし浴衣をお持ちでない場合は、今は安くて売っているので、この機会に買ってみるといいですね。

祇園祭が近くなると、京都市内はあちこちで浴衣を安く売っています。
近くにお住まいの方は、下見がてら出かけてみてはいかがでしょうか。

特に四条通りなどの大通りではなく、少し中の路地に入ったところで安く売っていますよ。
中には2000~3000円程度で売っている店もあります。

これならワンピースなど洋服を買うより安いですよね。

仕立て上がりの浴衣がほとんどなので、当日に購入するということもできます。

また、浴衣はレンタルで借りるという方法があります。京都は浴衣のレンタル店がたくさんあるんですよ。

祇園祭で浴衣レンタルを利用するときの注意点

京都は着物のレンタルをしている店が何店舗もあります。

神社や仏閣、観光施設などでは着物で来た人には割引サービスを実施しているところがあるということと、せっかく古都・京都に来たのだから着物を楽しみたいという方が多いのでしょう。

そのため、レンタルも驚くほど安く利用できます。
浴衣のレンタル店も本当にたくさんあります。

ただ、レンタル店は京都市内のあちこちにあるので、場所をよく考えて選ばないと移動に手間がかかって大変です。

おススメのレンタルポイントは、次の4ヶ所です。

  • JR京都駅の近く
  • 市営地下鉄 四条駅の近く
  • 阪急電車 河原町駅の近く
  • 京阪電車 祇園四条駅の近く

JR京都駅近く

大阪からも滋賀県からも京都市内に行くにはJRが便利です。
京都タワーがある側から出ると、浴衣レンタルの店がいくつもあります。

祇園祭に行くには、京都駅から市営地下鉄に乗っていくと便利ですよ。
バスは車内が混み合うし、時間がかかるのでおススメはできません。

地下鉄も祇園祭の日は混み合うので、早めに現地に到着するようにしてくださいね。

四条駅の近く

市営地下鉄と阪急電車の四条駅で降りると、祇園祭を見るのに便利です。
月鉾や長刀鉾、函谷鉾などメインの山鉾がすぐに見られます。

四条駅の周辺にも浴衣レンタルの店や着付けをしてくれる店がたくさんあります。

河原町駅・祇園四条駅の近く

祇園祭の宵山を見るには四条駅が近くて便利なのですが、河原町駅周辺も祇園祭のムードは盛り上がっているので、十分に楽しめます。
また、祇園四条駅は八坂神社のすぐ近くなので、ここもおススメポイントです。

また、7月17日の山鉾巡行の当日は四条河原町の交差点は辻回しがあるので、この近くで浴衣を着てスタンバイしているといいですよ。


祇園祭会場近くで浴衣レンタルと着付けがあるお店

浴衣のレンタルをしている店はたくさんあります。
インターネットで「京都 浴衣レンタル」で検索すると、たくさん出てきますよ。

例えば、こちらの店などはおすすめです。

  • 京都きものレンタルWargo
    こちらの店は、着付け無料・ヘアセットもしてくれます。また、持参した荷物も預かってくれるので着付けてもらってそのまま観光するのに便利です。
    京都タワー店、祇園四条店、新京極店など便利な場所に店舗があるので、早めに予約をしておくといいでしょう。
  • 京乃都
    こちらの店も、京都駅前店、清水八坂店、祇園店があります。
    友達や彼氏と待ち合わせする場所から近い店を選ぶといいですよ。

カップルで浴衣を楽しみたいという方には、こちらの店が男性用の浴衣を準備しているのでおすすめです。
着物レンタル美装館

祇園祭に浴衣を着るなら、レンタル浴衣を郵送してくれる店も

自宅で浴衣を着付けてから行きたいという方や、自宅近くの行きつけの美容室で着付けとヘアセットをしてもらいたいという方には、レンタルの浴衣を郵送してくれる店があります。
返送も郵送でいいので、便利ですよ。

次の店は浴衣レンタルの郵送をしてくれます。

浴衣を着るときの注意


浴衣に慣れていない方は、下駄のはなおが足の指になじまずに靴ずれのようになることがあります。

張り切って浴衣で行ったものの、足が痛くて祇園祭を楽しめなかった・・・ということにならないように、下駄はサイズは少し大きい目のものを履くか、数日前から履いて慣れておくといいでしょう。

また、歩くときは大股は避けてくださいね。浴衣のすそが乱れて、だらしなく見えてしまいます。
いつもより小さい歩幅でお上品に歩くことがポイントですよ。

その他の浴衣を着るときの注意点はこちらのページで説明しているので、ぜひご覧ください。

まとめ

祇園祭は京都の夏の最大のお祭りです。
四条通りは早くから「コンチキチン」という祇園囃子が聞こえて、お祭りムードを盛り上げています。
浴衣を着ている人が多いので、洋服で行った方は「浴衣で来ればよかった」と後悔するかも知れませんよ。

浴衣をお持ちではない方は、京都市内で浴衣レンタル店を利用すると便利です。
その場合は着付けをしてくれる店かどうかをチェックしましょう。
レンタル+着付け+ヘアセット
が込みの店がおススメです。

京都市内の着物レンタル店は競争状態なので、多くのサービスがあります。
よく調べてみると、かなりお得に利用できますよ。

ぜひ浴衣で祇園祭を楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
よく読まれている記事
カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ