灯油処分,灯油変質

みのりある日々~お役立ち情報

みのりある日々になるように、生活に役立つ記事をお送りします

古い灯油やストーブに残った灯油の処分はどうすればいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


灯油

エアコンが普及したとは言っても、まだまだ石油ストーブやファンヒーターを暖房器具として使っている家庭は多くあります。

我が家も同じです。
エアコンは電気代がかかりますが、灯油は安いので助かりますね。
ただ、困るのがシーズンが終わって残ってしまった場合です。もったいないし来シーズンまで残しておこうと思っている方がいたら、要注意!
実は古い灯油は、変質している可能性があります。そこで今回は古い灯油や、使い残した灯油の処分方法について説明します。

スポンサードリンク

灯油はどれくらい保存が可能?

灯油の保存期間は明確にはされていませんが、専門家にうかがうと1年以内(冬に使う場合はそのシーズン中)に使い切るのがいいとわれています。

保管する場所や環境にもよるので、保管場所によってはもっと早くに変質する可能性があります。
春先に買って暖かくなり、残ってしまった灯油を、その年の秋・冬に使おうと思っても、それは避けた方がいいということになります。


古い灯油や残った灯油を保存していると、どうなる?

灯油は特に何もしていなくても、ただ保管しているだけでも変質してしまいます。
このように灯油自体の劣化で変質することもあれば、灯油を入れているポリタンクの成分の影響を受けて変質することもあります。

また、ストーブやファンヒーターに入れたままにしていると、そこに水がたまって変質することもあります。
このように変質した灯油を使うと、不完全燃焼を起こし、一酸化中毒を起こす可能性があり大変危険です。
命には代えられませんから、もったいないと思っても処分するようにしましょう。

もし家の倉庫などに灯油のポリタンクがあり、いつ買ったのかわからないという場合は使うのは避けて、処分することが大切です。

古い灯油や使い残した灯油の正しい処分方法

では、古い灯油やストーブに残った灯油は、どのように処分すればいいのでしょうか。

実は灯油は自治体のごみとしては回収できないものになっています。
ポリタンクに入れたまま粗大ごみに出したいと思っても、回収の対象外なので注意してください。

古い灯油・使い残した灯油の処分方法としては、次のような方法があります。

  • ガソリンスタンドに持って行って引き取ってもらう
  • ストーブやファンヒーターに残っている場合は、梅雨時など洗濯物が乾かないときに使う
  • 不用品回収業者に引き取ってもらう

灯油は購入した店でなくても、ガソリンスタンドなどで引き取ってくれます。特に費用もかからないので、ポリタンクごと持っていきましょう。

また、ストーブやファンヒーターの中に残っている灯油は、それほど量が多くないはずです。
出すのが面倒なら、梅雨時や長雨の時期などで洗濯物が乾かない時期にストーブをつけて乾かすといいですよ。

我が家ではこの方法をよくやっています。

蒸し暑くなりますが、洗濯物も乾くので一石二鳥です。

不用品回収業者はエリアによってはやっていないことがありますが、自分でガソリンスタンドまで持って行けない場合などは回収してくれます。

ただし、回収費用がかかります。


古い灯油のやってはいけない処分方法

ガソリンスタンドに持って行くのが面倒だからと言って、自治体のごみに出すのはNGです。

「少しだから」と袋に入れて家庭ごみに紛れて出すのは「やってはいけないこと」なので気をつけてくださいね。

また、よくある方法として古新聞やぼろ布にしみこませて、家庭ごみと一緒に出すということを考える方がいるかも知れませんが、これもやってはいけない方法です。

もちろん、川に流したり、道路や畑に捨てたりしてはいけません。

灯油に限らず、ごみは正しい処分方法で廃棄するようにしましょう。


古い灯油をストーブに入れたままにしていると大変なことに!

ストーブやファンヒーターに灯油が残っていて、少量だからいいだろうと思っていると、大変なことが起こる場合があります。

それはストーブの場合は着火芯にタールがつきやすくなって、ストーブが壊れる可能性があります。
また、ストーブやファンヒーターを使うときに不完全燃焼を起こす場合があります。
火を点けない場合でも、ストーブやファンヒーターが倒れて灯油がこぼれて、火事につながる可能性もあります。

くれぐれも気をつけましょう。

古い灯油が変質したかどうかの見極め方

もともと灯油は「白灯油」と呼ばれるように、透明な色をしています。

ただ、紫外線に当たるとよくないので、赤や青のポリタンクに入れて保管します。
そのため、容器の外からは色がわかりにくいのですが、変質すると黄色や茶色くなってきます。

不用になったガラス瓶などに灯油を入れて、色を見てみましょう。
黄色っぽくなっていたら、処分すべきです。
茶色くなっていたら、変質していると考えられます。

決して使わないようにしてくださいね。


シーズン中の灯油は正しく保管しよう

灯油は勝手に発火することはない、比較的危険性が低いものですが、変質を避けるためにも正しく保管する必要があります。

  • 紫外線を避ける(赤や青のポリタンクに入れて保管する)
  • 直射日光が当たる場所には置かない
  • 雨や水分は避ける
  • 火気は現金

なお、灯油はガソリンと混ぜると危険です。ガソリン用のタンクが近くにある場合は、混同しないように注意しましょう。

まとめ

灯油は次のシーズンまで残すと変質する可能性があります。
変質した灯油を使うと、ストーブやファンヒーターの故障の原因になったり、不完全燃焼を起こしたりして危険です。

古くなった灯油はガソリンスタンドで処分してくれるので持って行くといいでしょう。

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
よく読まれている記事

Sorry. No data so far.

カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ