祇園祭屋台,祇園祭宵山

みのりある日々~お役立ち情報

みのりある日々になるように、生活に役立つ記事をお送りします

祇園祭の屋台は期間限定なので要注意!行くならこの日がオススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


屋台

祇園祭は京都の夏の最大のお祭りで、全国各地から多くの観光客が訪れます。
宵山や山鉾巡行など見どころはたくさんありますが、ぜひ楽しみたいのが屋台です。
四条通りから少し中に入った路地に至るまで多くの屋台が出ています。
ただ、祇園祭で屋台が出る日は限られています。逃してはいけない祇園祭の屋台の日程とおすすめポイントをご紹介します。


スポンサードリンク
  

祇園祭の屋台は期間限定なので要注意!行くならこの日がオススメ


祇園祭自体は こちらのページでもご紹介している通り、7月1日~7月31日まで開催されています。

元々は八坂神社のお祭りなので、一般の方が参加できないような神事なども執り行われているのです。
ただ、観光として行くなら7月14日~16日までの宵山と、7月17日の山鉾巡行、そして、7月24日の後祭りの巡行がおすすめです。

中でも盛り上がるのは先祭りと呼ばれる7月17日とその前の宵山(7月14日~16日)です。

ただ、屋台が出ているのは7月15日と16日だけになります

市内でも特に四条とおり界わいでは早くから祇園囃子が聞こえてお祭りムードが盛り上がっていますが
屋台が出るのは、7月15日、16日の2日間だけなのです。

以前はもう少し早くから出ていたのですが、観光客が多いため、どうしてもゴミが大量に出てしまいます。
そのため、期間限定になりました。

7月15日は宵々山(よいよいやま)
7月16日は宵山(よいやま)
と呼ばれて、山鉾の提灯に灯りが点くのでさらにいい雰囲気になりますよ。

祇園祭で屋台を楽しまれるなら、ぜひこの日にお出かけください。

なお、山鉾巡行の7月17日や後祭りの期間中は屋台は出ませんので、ご注意くださいね

祇園祭の屋台にはどんな種類があるの?

祇園祭の屋台には、多くの種類がありますよ。

年によって流行などが若干違ってきますが、次のようなものがあります。

祇園祭の屋台 食べ物編

食べる店はたくさんありますが、屋台では次のようなものが出ています。

  • 焼きそば
  • たこ焼き
  • お好み焼き
  • 唐揚げ
  • フランクフルト
  • 箸巻き
  • たい焼き
  • 焼きとうもろこし
  • 焼きいか
  • 焼き鳥
  • わた菓子
  • かき氷
  • 冷やしきゅうり
  • りんご飴・チョコバナナなど

他にもいろいろありますが、主なものです。

祇園祭の屋台 遊び編


大人も子どもも楽しめるお遊び系の屋台をご紹介します。

  • 金魚すくい
  • ヨーヨーつり
  • お面
  • スーパーボールすくい
  • くじ引き
  • 亀つり

特にくじ引きは店によって人気のキャラクターものやアニメ系、ディズニー系など特徴のある景品をそろえているので、いろんな店をまわってみてくださいね。

祇園祭の屋台 ファッション編

屋台にはアクセサリーなどファッション系の店もたくさん出ています。


  • 手作りアクセサリー
  • キーホールダー
  • ピあるやイアリング、ネックレスなど
  • 財布
  • ハンカチ
  • 浴衣・浴衣の小物

他にもいっぱいありますが、書き出すときりがありません(笑)

中でもファッション系で驚くのは浴衣の屋台です。
屋台と言っても店先にハンガー立てに吊るすといった感じで売っている店が多いのですが、これが安いんですよ!
かわいい柄が多くて、しかも1着が1000円~2000円程度で売っています。

現地に着いてから浴衣が着たいなと思った人は、こういった店で買うとお得ですよ。

祇園祭の屋台以外で食べるものは?

食事は屋台のものだけでは物足りないという方は、飲食店に入ってみましょう。

四条通りから少し中の路地に入ると、いろんな店が営業しています。

町屋を改装したイタリアンレストランやフレンチのビストロ、カフェ、ドリンクバーなど、軽食やお酒が飲める店からしっかりとディナーが食べられる店までさまざまです。

行列になっている店もありますが、時間帯によっては空いているので呼び込みをしていることもありますよ。

祇園祭限定メニューや限定サービスなどもあるので、少し歩きながら探してみてはどうでしょうか。

屋台はどこのお祭りでも食べられますけれど、こういった京都らしい店で食べてみるといい思い出になりそうですね。


まとめ

京都の祇園祭の屋台は、意外なことに7月15日、16日の2日間だけの限定です。

屋台が大好きという方は、ぜひこの機会を逃さないようにお出かけください。

ただし、祇園祭はかなりの人出になります。
お子さま連れやカップル、グループで行かれる方は迷子にならないようにしっかりと手をつないで行動してくださいね。

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
よく読まれている記事
カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ