大阪天神祭,天神祭場所,天神祭最寄り駅

みのりある日々~お役立ち情報

みのりある日々になるように、生活に役立つ記事をお送りします

天神祭の開催場所と交通ルート、最寄り駅をチェック 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


天神祭

大阪の天神祭は130万人が訪れるという大きなお祭りです。
屋台や花火、船渡御など見どころもいっぱい。
場所は天満宮とその周辺になりますが、スムーズに会場まで行けるように各方面からの交通ルートと最寄り駅をご紹介します。

これで迷子にならずに天神祭が楽しめますよ。

スポンサードリンク
  

天神祭の開催場所(メイン会場)をチェック

天神祭は7月24日の宵宮(よみや)と7月25日の本宮がメインの行事になります。
それ以外では7月23日のギャルみこし(天神橋筋商店街)、天神祭前夜祭in OBP、天神祭北新地巡行などがあります。

大阪天満宮ではそれまでにもさまざまな神事や行事が執り行われますが、一般の観光客が楽しめるお祭りはこの7月23日~25日だと言っていいでしょう。

では、場所をご紹介します。

天神祭のメイン会場は天満宮

天神祭は大阪天満宮を中心に行われます。

天満宮を中心に御堂筋、大川、天神橋筋商店街など一帯が盛り上がっています。

それぞれの行事ごとに会場を紹介します。

<7月23日>
・ギャルみこし 天神橋筋商店街

<7月24日>
・宵宮 場所 天満宮(朝4時 一番太鼓 / 朝7時45分~ 宵宮祭 / 8時50分~鏑流神事 / 11時~ 行宮祭 / 12時~獅子舞 / 夕方6時~ 水上薪能など) 

<7月25日>
・本宮祭(13:30~) 天満宮
・陸渡御(りくとぎょ) 15:30 天満宮を出発~御堂筋を経て天神橋北詰まで
・船渡御(ふなとぎょ) 17:30~天神橋のたもとを出発 大川をくだり天満宮に戻る(21時ごろ)
・奉納花火 19:00~21:00 大川周辺 川崎公園・桜ノ宮公園

なお、祭の当日は天満宮の中は正門からの一方通行になっています。
必ず正門からお入りください。
天神天満繁盛亭があるのは裏門になります。
くれぐれもご注意くださいね。


★天神祭 奉納花火大会の情報はこちら★

天神祭の開催場所に近い最寄り駅はここが便利

天神祭の開催場所に行くのに便利な駅をご紹介します。

天満宮に行く場合の最寄り駅
  • JR東西線大阪天満宮駅
  • 地下鉄御堂筋線 南森町駅


陸渡御を見る場合の最寄り駅
  • JR東西線大阪天満宮駅
  • 地下鉄 谷町線・堺筋線 南森町駅
  • 地下鉄 堺筋線 北浜駅
  • 京阪本線 北浜駅


船渡御や花火を見るのに大川に行く場合の最寄り駅
  • 京阪本線 天満橋駅
  • 地下鉄 谷町線 天満橋駅



天神祭の開催場所に行くための各方面からの交通ルート


では、各方面から天神祭に行くための交通ルートをご紹介します。

●京都市内から
・JR京都駅 → JR京都線 大阪下車→ 徒歩でJR北新地駅まで行き、JR東西線→JR大阪天満宮駅 下車
・JR京都駅 → JR京都線 大阪下車→ 徒歩で東梅田駅まで行き、地下鉄 谷町線→南森町 下車
・京阪 三条駅 → 京阪電車 淀屋橋行き 天満橋 下車
・京阪 三条駅 → 京阪電車 淀屋橋行き 天満橋 →地下鉄谷町線 南森町 下車
・阪急 河原町駅 → 阪急電車 梅田行き 淡路 → 阪急電車 天下茶屋行き 南森町 下車

●堺方面から
・JR堺市駅 → JR関空快速・天王寺行き 天王寺下車 → 地下鉄谷町線 →南森町 下車

●吹田方面から
・JR吹田駅 → JR京都線 大阪下車 → 徒歩で東梅田駅まで行き 地下鉄 谷町線→南森町 下車
・阪急吹田駅 → 阪急電車 天下茶屋行き → 南森町 下車

●奈良方面から
・JR奈良駅 → JR大和路快速 天王寺行き 天王寺下車 →地下鉄谷町線 →南森町 下車

他の方面から行かれる場合でも、Yahooの乗り換え案内
などで出発駅と下車駅(南森町駅や天満橋駅)を入力すると、乗り換え方法と金額、時間などが出てきます。


まとめ

大阪の天神祭のメイン会場は大阪天満宮ですが、陸渡御は御堂筋でも見られますし、船渡御は大川沿いでも見られます。

便利な最寄り駅は天満宮駅 または南森町駅です。

花火は大川沿いの川崎公園・桜ノ宮公園で打ち上げられます。

いずれのルートもかなりの混雑が予想されます。
気をつけてお出かけくださいね。


スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
よく読まれている記事
カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ