小学校低学年読書感想文,読書感想文書き方

みのりある日々~お役立ち情報

みのりある日々になるように、生活に役立つ記事をお送りします

読書感想文を小学校低学年がスラスラ書ける方法を教えます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


図書館

夏休みの宿題や学校の宿題で困るのが「読書感想文」ではないでしょうか。
「読書感想文」は苦手だというお子様が多いようですね。
小学校低学年の読書感想文は親子で一緒に取り組むといいですよ。
今回はわが家で成功した、小学校低学年の子どもが自然にスラスラと書ける読書感想文の書き方をわかりやすく紹介します。

スポンサードリンク
  

読書感想文 小学校低学年の書き方はこの流れでやればOK

読書感想文は難しい
読書感想文は苦手

という気持ちを親も子どもも持っていると、なかなか楽しく取り組めませんよね。
まずは「書かなきゃ」という気持ちを横に置いておいて、読書を楽しんでみましょう。

ただ、そのときに「どこに心が引かれたか」「どこがおもしろいと感じたか」を忘れないようにチェックするといいですよ。

では、その流れをご説明します。

<準備するもの>
・読みたい本
・ふせん(できれば正方形のもの)

感想文1
<本を読む前にやること>
まず、読書感想文を書く本を用意します。
図書館で借りてきた本でもいいですよ。

そこでチェックポイント!
本を読み始める前に、「どうしてこの本が読みたいと思ったのか」をお子さまに聞いてみてください。

「表紙の絵がおもしろかったから」
「おばけの話で怖そうだったけれど、おもしろそうと思ったから」
「魔法使いの話でどんな魔法が出るかなと思ったから」
「動物が好きなので」

など、どんなことでもかまいません。
それを子どもに「ふせん」に書き出させます。

感想文2
ひとことメモみたいな感じで大丈夫ですよ。

<本を読みながらやること>
本を読みながら「ふせん」におもしろいと思ったことを書き出します。

・おもしろいと思ったこと
・不思議だと思ったこと
・感動したこと
・気になったこと
・泣きそうになったこと

など、どんどん書いていきます。

感想文3

このときは感想文ということを意識せずに、思いつくままに書き出してくださいね。

<本を読み終わってからやること>
では、本を読み終わりました。
このときに、一番心に残っていることを、また「ふせん」に書き出します。

1つでなくてもいいですよ。

「(主人公が)かわいそうだった」
「おばけがこわかった」
「あんな魔法を使ってみたい」

などを子どもに書き出させてみてください。

感想文4

これを元に読書感想文を書いていきます。

読書感想文の構成を考えよう

構成というと難しく感じるかも知れませんし、小学校低学年の子どもに「構成を考えなさい」と言っても無理な話です。

そこで先ほどのメモを使います。

ノートや紙の上に
・読む前に感じたメモ
・読みながらおもしろいと思ったメモ
・読み終えたときに感じたことを書いたメモ

を並べてみましょう。

その時は

・読む前
・読んでいる途中
・読んだ後

の3つのブロックになるように並べるといいですよ。

感想文5
特に読みながらおもしろいと感じたことは何枚もあると思います。
その中でも特におもしろいと思ったことを2~3枚、選びます。

その時に保護者の方は
「どうしてこれがおもしろいと思ったの?」と聞いてあげるといいですね。
また、親子で本を読んだ場合は
「お母さんはこう思ったけれど・・・」
「お母さんもここがドキドキしたわ」

など一緒に感想を話してあげると、よりイメージがふくらみます。

・読む前のメモは感想文の書き出しに
・読んでいる途中に書いたメモは本文に
・読んだ後に書いたメモは締めの言葉
になります。

読書感想文 小学校低学年の書き出しと本文の書き方

では、まず書き出しからです。

最初の1行が書けないとおっしゃる方が多いのですが、そんなに難しいことではありません。

先ほどの作業で「本を読む前にやること」で書き出したふせんを見てください。

「どうしてこの本を読もうと思ったのか」をふせんに書いていますよね。

これが読書感想文の書き出しになります。

「ぼくは(わたしは)この本のひょうしがきれいで読んでみたいと思いました」
「わたしはくまが好きで、どんな話かなと思って気になったので借りてみました」
「この本のだいめいがおもしろそうでした。「○○のぼうけん」ってどんな話だろうとわくわくしました」

などと本を選んだ動機から書き始めるとスムーズに進みますよ。
(漢字は学年に合わせてひらがなで書かせてくださいね)

<本文の書き方>

では、1文字下げて段落を変えます。
次は本文を書いていきますが、ここで使うのが「本を読みながら書き出したふせん」です。
先ほどの構成を考える作業の中で選んだふせんがありますよね。

それを本文にします。

「くまが旅に出ようとしたところで、「どこに行くんだろう」とすごく気になりました」
「途中でしかやうさぎと出会って、友だちになれたのでよかったなと思いました」
「あのぼうけんは怖そうだなと思ったけれど、くまはあきらめずに乗り越えたので思わずおうえんしてしまいました。」

など、そのふせんを見ながら気持ちを書いていきます。

たくさん書ける子どもは
「ママはくまがしんぱいだと言ったけれど、ぼくはぜんぜんしんぱいではありませんでした」

などと親子の感想を入れて、話をふくらませるのもいい方法です。

<読書感想文の締めの言葉>
そして、最後に書いたふせんを見て、締めの言葉にします。

「わたしならとちゅうでいやになると思ったけれど、○○はさいごまでがんばって楽しい国に行けたのでよかったなと思います。」
といった気持ちをもう少しふくらませて書いてみましょう。

これで読書感想文が無理なく、苦痛でもなく書けますよ。

まとめ

読書感想文は低学年だけでなく、中学校、高校に進んでも宿題として出されます。
苦手意識を植え付けないように、親子で楽しんで取り組んでくださいね。

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
よく読まれている記事
カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ