みのりある日々~お役立ち情報

みのりある日々になるように、生活に役立つ記事をお送りします

仕事の取引先や得意先に贈るお中元のマナー 大切なポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


お中元

お中元は親せきだけでなく、取引先やお得意様に贈ることが多いのではないでしょうか。
親せきならば相手の家族構成などを考えて好みの品を贈ればいいのですが、仕事関係となると慎重に選びたいものです。
また、贈る時期やマナーなどを間違えると失礼にあたり、場合によっては信頼を失ってしまうことも……。

そこで、今回は特に仕事関係に焦点をしぼって、お中元に関するマナーをご紹介します。

スポンサードリンク

お中元の意味と語源 お歳暮との違い

季節の贈答には夏に贈る「お中元」と冬(年末)に贈る「お歳暮」があります。
この2つはよく似た意味で、どちらも日ごろのお世話に感謝して、相手の健康や繁栄を祈るという意味があります。

年末の「お歳暮」は1年間お世話になったお礼だけでなく、来年も(またはこれからも)よろしくお願いしますという意味が含まれています。

一方、お中元の始まりは、中国の教えに基づいているという説があります。
中国の古い教えに「三元」というものがあります。
この「元」は季節の節目を表していて、
・上元……1月15日
・中元……7月15日
・下元……10月15日
のことだそうです。
このそれぞれの「元」の日に天神を祭る信仰が始まったのだとか。
これが日本に入ってきて、特に7月15日は仏教の「盂蘭盆会(うらぼんえ)」の時期と重なったことから、自然と日本に広がっていったと考えられています。
(8月15日のお盆(盂蘭盆会)は旧暦です)

そのために意味としては、仏様に供える供物を親せきやお世話になった人に贈る「お中元」という習慣が広がっていきました。

また、暑い時期でもあることから、相手の健康を祈ったり、1年の折り返しで日ごろの感謝の気持ちを伝えたりといった意味合いもあります。

仕事でお中元を贈るときは、時期に要注意

お中元は地方によって贈る時期が異なるってご存知でしたか?

関東地方は6月下旬~7月15日ごろが一般的といわれています。
一方、関西地方では7月に入ってから8月15日までが一般的です。
関西ではお盆を旧暦の8月15日に行うことが多いため、そうなったといわれています。

他にもお住まいになっている地域によって微妙に違いがあるかも知れませんね。
7月に入ったら贈る準備をされるといいですよ。

特に関西地方の人が関東地方の人に贈る場合は遅れないように気をつけましょう。
早すぎていけないということはないので、地元より少し早めを心がけることをオススメします。

百貨店やスーパーなどでは早くに注文するとポイントが多くついたり、割引のサービスがあったりします。
これはピーク時の配送の混雑を避けるためですが、こういったサービスを利用されるといいですね。

仕事の取引先や得意先にお中元を贈る場合の商品は何がいい?

親せきや知り合い、上司など個人的に贈る場合は、相手の家族構成や好みなどを中心に商品を選んでいきます。

仕事として贈る場合は、あまりこだわったものや凝ったものではなく、無難なものの方がいいようです。

取引先にお中元を贈る場合の注意点
次の点に注意しましょう。

  • 分けられるものを選ぶ
  • 事務所や部署の人数をチェックしておく
  • 生ものは避ける
  • ライバル会社の商品は避ける

クッキーやカステラ、ゼリーなど分けられるものがいいのですが、先方の人数を把握しておいて、数が不足しないように配慮することが大切です。

また、好みがわかっている場合はそれに合わせるといいですね。
コーヒーが好きでいつも注文しているところならコーヒーセットを、コーヒーが苦手な人が多いとわかっていれば紅茶や日本茶を贈るなどの配慮があると喜ばれます。
また、お中元は暑い季節なので、小さな缶ジュースの詰め合わせなども喜ばれますよ。

ただし、気をつけたいのがライバル企業の商品を贈らないということです。
食品や飲料関係はくれぐれも気をつけてくださいね。

なお、取引先の会長や社長、部長など個人に贈る場合は、事前に相手の好みを探っておきましょう。
甘党か辛党かがわかっているだけでもかなり違います。そういった配慮ができると、「気の利く担当者だ」と好印象を残せますよ。


仕事でお中元 贈ってはいけない相手に要注意

どれだけお世話になっていても、お中元やお歳暮を送ってはいけない相手があります。
これは法律で決められているので、注意しましょう。

公務員にお中元を贈ってはいけない!
公務員には「公務員規定」があり、金銭や物品の授受は禁止されています。
役所だけでなく、公立の学校職員や公立幼稚園、公立保育園、公立の病院、図書館、裁判所、警察署、消防署、税務署などが含まれます。

一般企業ではわかりにくい感覚ですが、お中元を贈るのは「わいろ」とみなされる可能性があるので気をつけてくださいね。

政治家にお中元を贈るのはNG
政治家自身が有権者にお中元やお歳暮、年賀状などを贈ることは禁止されています。

仕事関係先の人が政治家という場合は、贈らないようにしましょう。

企業によっては受け取りを辞退しているところがある
最近は外資系企業やベンチャー企業などを中心に

「お中元、お歳暮などの贈答を辞退しています」

と明言している企業があります。中には接待も辞退しているところがあるようです。
そういったことは企業のホームページの広報ページなどに掲載されているので、事前にチェックしておくといいですね。

ただ、日本の企業は昔からの慣習で、こういったやりとりをしているところも多くあります。
わからない場合は上司に聞くなどして、失礼のないように対応しましょう。

まとめ

親せき同士でも最近はお中元やお歳暮のやりとりは簡素化の傾向にあるようですが、仕事先は特に今後の関係を深めたいという思惑があります。

そういった場合はぜひお近づきになるいい機会ですので、お中元を利用してみましょう。
相手が驚くほど高価なものは逆効果になる可能性があるので、ジュースやコーヒーなど従業員全員で利用できるものを贈ると喜ばれますよ。

また、できれば郵送ではなく持参すると、相手の担当者や事務員さんと顔を合わして話す機会が作れます。
せっかくの日本の慣習ですので、上手に利用してみてくださいね。

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
よく読まれている記事
カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ