育児休暇,育児休暇社会復帰,育児休暇会社に戻る

みのりある日々~お役立ち情報

みのりある日々になるように、生活に役立つ記事をお送りします

育児休暇明けの会社復帰をスムーズにするための3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


子育て

せっかく就職できた会社を出産・育児で辞めたくない。働く女性にとって「育児休暇」はとても大切なものです。
子どもが1歳になる前日までは休業が認められています。その間はしっかり子どもと向き合って子育てを楽しみたいですね。
一方で気になるのが育児休暇が明けてからのこと。会社に復帰したものの世間の流れから取り残されたような気分を味わう女性が多いのも事実です。
そこでスムーズに会社復帰するための育児休暇の過ごし方をご紹介します。

スポンサードリンク

育児休暇中でも会社の人と連絡を取り合う

育児休暇の前に産休があります。
出産は女性にとって大きな出来事。
また慣れない育児で1日がアッという間に過ぎていきます。

しかも子どもは日に日に成長していくため、心も生活も子ども中心に。

気がつけば会社の人とはLINEもメールもしなくなった・・・という方が多いのではないでしょうか。

病院や子育て支援センター、公園などでママ友ができると交際範囲が変わっていきます。
それはそれでいいことですし、その関係も大切にしていきましょう。

ただ、育児休暇が終わると会社に復帰したいと考えている場合は、適度に連絡を取り合っておくことが大切です。

さりげなくチェックしておきたいのは次の点です。
  • 育児休暇に入るまで自分がやっていた仕事がどうなっているのか
  • 会社の方針で何か変化がないかどうか
  • 会社の人事で変化がないかどうか
  • 新規事業や新しいプロジェクトが始まっていないかどうか

もちろん守秘義務があって教えてもらえない場合がありますし、ときには相手のグチばかりを聞くことになるかも知れません。

しかし、それでも会社の人とのつながりを持っておくことは精神的な面でも会社復帰をスムーズにする上で大切です。

新聞やテレビで社会の流れをチェック!

子どもが生まれると新聞を読む時間すらなくなるほど忙しくなります。
たまに本を読むとしたら育児書や育児雑誌ばかり。

それも大切ですが、新聞は毎日欠かさず読むようにしましょう。
テレビやインターネットでも社会の情報は得られます。
特に自分の会社の業界情報は意識して集めるようにするといいですね。

1年間(産休を含めるともっと長い)という期間は結構長いものです。
その間に社会との壁ができるのは避けたいものですね。

夫とも子育ての話だけでなく、社会情勢の話や業界の話をすると気持ちが社会復帰に向けて整っていきますよ。

安心して働ける環境を作っておく

気持ちは社会復帰に向けてやる気満々になっていても、実際に働ける環境が整っていないと気持ちが空回りになってしまいます。

それがひどくなるとストレスが大きくなります。

保育園の確保、子どもが病気をしたときに両親など頼める人がいるかどうか、すぐに行ける小児科があるかどうかなどもチェックしておくと安心です。

まとめ

1歳児を預かってくれる保育園を探すのは難しいというのが現実ですが、育児休暇の期間は限られています。多方面に情報網を張って保育園情報を集めるといいでしょう。

また育児休暇の期間は人生の中でもかけがえのない時期になるはず。
焦らずに楽しんでくださいね。
その一方で社会に復帰するためのスタンバイを少しずつ進めていきましょう。

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
よく読まれている記事

Sorry. No data so far.

カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ