猫ゴキブリ対策,ホウ酸だんご猫の安全性,猫のいる家庭ゴキブリ

みのりある日々~お役立ち情報

みのりある日々になるように、生活に役立つ記事をお送りします

猫を飼っている人が気をつけたいゴキブリ対策の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ゴキブリ対策

ゴキブリ対策として有名なホウ酸だんごや粘着性のゴキブリ取り。それぞれに効果はありますが、室内で猫を飼っている場合は、どうすればいいのでしょうか?ホウ酸だんごのペット(動物)に対しての毒性や猫が間違って口にしないための置き場所、猫にも安心なゴキブリ対策などについて詳しくご紹介します。


スポンサードリンク
  

猫を飼っている家庭でのゴキブリ対策で有害なもの3つ

最近は猫を室内だけで飼っているご家庭が増えています。

以前は常に家の外を自由に歩きまわっていましたが、外で糞をして近所迷惑になる、事故に遭う可能性がある、他の猫とケンカをしてケガをするなど多くの心配があるからか、室内飼いが増えているようです。

大切な猫ちゃんのために快適な環境を作ってあげたいですね。

一方で家庭内に出没するゴキブリ対策を考える場合、猫にとって危険なことは避けたいものです。

よく行われているゴキブリ対策には、

(1)ホウ酸だんごを置く
(2)ゴキブリホイホイなど粘着性のものを置く
(3)煙が出るタイプの殺虫剤を使う
(4)ゴキブリを見つけたときにスプレー式の殺虫剤を吹き付ける
(5)ゴキブリを見つけたらハエたたきなどでたたく

などの方法があります。

この中でも猫にとって有害なものは

(1)ホウ酸だんごを置く
(2)ゴキブリホイホイなど粘着性のものを置く
(3)煙が出るタイプの殺虫剤を使う

の3つです。
では、それぞれの危険性を見てみましょう。

ホウ酸だんごは猫に有害

ホウ酸を口にすると中毒を起こし、量が多い場合は死亡する例があります。

人間の場合、
・大人は15~20g
・幼児は5~6g
・乳児は2~3g
で死亡することがわかっています。

猫も乳児~幼児と同じくらいの体重があるため、2~6gのホウ酸を食べると死亡する可能性があります。

また、中毒症状としては
・吐き気
・嘔吐
・腹痛
・下痢
・けいれん
・発疹

などが現れます。

猫がうっかりホウ酸だんごを食べてしまって、嘔吐や下痢が出たらすぐに動物病院に連れて行く必要があります。

市販のホウ酸だんごはうっかり口にしても、すぐにホウ酸に触れないように容器に工夫がされています。また、口に入れた場合、苦味を感じて吐き出すようになっています。

それでも猫は口に入れてしまう可能性があります。その場合も相当量を食べなければ大丈夫ですが、心配な場合は動物病院で診てもらいましょう。

粘着性のゴキブリ取りは危険

粘着性のゴキブリ取りは、それ自体には毒性はありません。
ただ、猫がうっかり足を入れてしまうと、なかなか取れません。

これは人間でも経験をお持ちの方がいるのではないでしょうか。

うっかり靴下に粘着性の液がついてしまい、なかなか取れないということがあります。

猫も同じです。
タンスの裏側や流し台(シンク下)の扉の中、下駄箱の中など猫が入らないような場所に置くようにしましょう。

煙が出るゴキブリ駆薬は避けるべき

これは製品の説明書にも、「ペットや金魚、昆虫などを飼っている部屋での使用はしないでください」と書かれてある通り、危険です。

猫がいる部屋での使用は避けておきましょう。


猫がゴキブリを食べてしまった場合

猫は動くものを追いかける習性があります。

そのためゴキブリに限らず、こおろぎ、かまきりなどの昆虫を捕まえて口にすることがあります。

また、遊んでいて殺してしまい、そのまま放置するということもあります。

ゴキブリを食べてしまっても、特に被害を受けるということはありません。

ただ、ごきぶりはさまざまな病原菌やウイルスを媒介するやっかいなものです。
食中毒の菌をゴキブリを介して猫が感染するという可能性があります。


もちろんこれは猫だけの話ではなく、食中毒やウイルスなどを体に付着したゴキブリが人間の食べ物に触れることで人に感染するという可能性があります。

猫が下痢をした場合などは念のために動物病院を受診すると安心です。

猫に安全なゴキブリ対策はこれ!

こちらのページでゴキブリの性質やゴキブリが好む環境についてご説明していますが、ゴキブリは高温多湿の環境を好みます。

気温が高い夏だけでなく、冬でも薄着で過ごせるくらい部屋を暖かくしているご家庭では、ゴキブリが住み着きやすい環境だと言えます。

また、お風呂上りに十分換気をせずに熱い湯気がもわもわとしたままでいると、それこそゴキブリが大喜びする環境になります。

ゴキブリのエサは水と食べ物です。人間が食べるものはほとんどがゴキブリのエサになりますし、ペットフードがこぼれたままにしておくのもゴキブリを招く元になってしまいます。

まずはこのようなゴキブリが好む環境を改善することが大切です。

その上で市販のホウ酸だんごなどゴキブリ専用の駆除製品を、猫が入らないようなところに配置します。
さらにゴキブリ忌避剤などを使用されるといいでしょう。




ゴキブリ忌避剤 天然ハーブのゴキブリよけ 4個入 【防除用医薬部外品】

これは天然成分だけなので猫を飼っているご家庭でも安心です。

まとめ

猫などペットを飼っているとゴキブリの駆除には悩まされますね。
少しでも安心・安全な方法で人にも猫にも快適な生活ができますように、参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
よく読まれている記事
カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ