ゴキブリ対策,ゴキブリ対策ホウ酸ダンゴ,ホウ酸ダンゴ作り方,ホウ酸ダンゴ置き方

みのりある日々~お役立ち情報

みのりある日々になるように、生活に役立つ記事をお送りします

ゴキブリ対策 ホウ酸ダンゴの作り方と効果的な置き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


cup

ゴキブリ対策としてホウ酸ダンゴは効果が高い方法です。市販のホウ酸ダンゴもありますが、自宅でも作ることができます。それほど費用がかからずにゴキブリを駆除できますよ。このページではゴキブリ対策用のホウ酸ダンゴの作り方と効果的な置き方、注意点について説明しています。

スポンサードリンク
  

ゴキブリ対策のホウ酸ダンゴ作りの準備

ホウ酸ダンゴを食べたゴキブリは脱水症状を起こし、死亡します。

また、ホウ酸ダンゴを食べたゴキブリの糞や死骸を食べた他のゴキブリも駆除できるため、効果が高い方法です。
ホウ酸ダンゴはホウ酸と小麦粉、砂糖などを混ぜて作りますが、ホウ酸の濃度が低いとホウ酸ダンゴを食べたゴキブリにしか効果が見られず、糞や死骸を食べたゴキブリの駆除効果は期待できません。

そこで、ある程度の濃度のものを作るようにします。

ホウ酸ダンゴの材料

今回は私が住んでいる地域で行われた講習で習った方法をご紹介します。
他にも作り方はあるようですが、参考にしていただければ幸いです。

材料は以下の通りです。
ホウ酸は薬局やドラッグストアで500g400円程度で売っています。

(約15個分)
  • ホウ酸:100g
  • 強力粉(ない場合は小麦粉(薄力粉):60g
  • 玉ねぎをすりおろしたもの:70g
  • 砂糖:小さじ2
  • 牛乳または水分:少々
  • 焼肉のタレ・焼き鳥のタレなど甘みのあるタレ
  • ダンゴを入れるアルミカップ
  • ビニール手袋
  • 使い捨てスプーン

これで総重量は230gです。
ホウ酸は100gなので、濃度は
100g÷230g×100=43.5%
となります。

ホウ酸ダンゴを食べたゴキブリの糞や死骸を食べた他のゴキブリも駆除できるのは、ホウ酸濃度が40%以上が理想と言われていますので、この割合で大丈夫です。

もっと濃度を高くしたい場合はホウ酸の量を増やすといいでしょう。

ホウ酸ダンゴの作り方

作り方は以下の通りです。

(最初にすべての材料を測っておきます)
(ホウ酸100g)
ホウ酸
(強力粉60g)
小麦粉
1.ボールにホウ酸100gを入れます。
2.そこに強力粉(または小麦粉)を60g、砂糖を小さじ2入れます。

3.玉ねぎの皮と根を取って、おろし金ですりおろします。

たまねぎ
4.(2)に玉ねぎをすったものを入れて混ぜます。

ホウ酸ダンゴ1
5.牛乳または水を少しずつ入れて、硬さを調整します。

6.焼肉のタレを少し入れて混ぜます。

yakiniku
tare
7.アルミカップ(お弁当のおかずを入れる容器)に(6)で混ぜたものを入れていきます。

cup
焼肉のタレを使うのは、甘い香りでゴキブリを引き寄せるためです。焼き鳥のタレなど甘みのあるものなら何でもOKです。

【ここに注意!】
・素手で作業をすると手が荒れる可能性があるので、薄手の使い捨てビニール手袋を使って混ぜます。
・ダンゴがうまくまとまらない時は使い捨てのスプーンでアルミカップに入れていきます。
・アルミカップを使うのは、紙のカップではニオイが逃げてしまう可能性があるからです。より効果を持続させるためにおすすめです。

ホウ酸ダンゴは乾かしてから使う

ホウ酸ダンゴができたら、すぐに置かずに数日間、天日で乾燥させます。
(そのまま置くとかびの原因になります。)

外に置くと鳥に食べられる心配があるので、ネットで覆うか室内の窓際に置いておきます。
(室内で犬や猫を飼っている場合は触れないようにご注意ください)

ホウ酸ダンゴの置き方と注意点

ホウ酸ダンゴはゴキブリが通るところや水まわり、狭い場所などゴキブリが好むところに置くと効果的です。
  • キッチンのシンク下の扉の内側
  • 浴室の脱衣場
  • 洗面所の床
  • 食器棚の後ろのすき間
  • 食器棚やふきん、しゃもじなどを入れている引き出しの中
  • 炊飯器の近く
  • 冷蔵庫の下や周辺
  • 下駄箱の中
  • 排水溝の近く


その他、暗い場所、湿気が多い場所、高温になる場所、食べ物がある場所などはゴキブリが好む環境です。
そういった場所に少なくとも3ヶ月間は置いておきましょう。

ゴキブリ対策としてホウ酸ダンゴを置く場合の注意点

市販のホウ酸ダンゴはホウ酸の濃度が低いものがあります。
しっかりとゴキブリ駆除の効果を得るためにも手作りするのがいいのですが、乳幼児や犬・猫などペットを飼っている場合は注意が必要です。

ホウ酸は2~3gでも健康を害するおそれがあります。
ハイハイをする赤ちゃんがいるご家庭では、床には置かずに高い場所(シンク上など)だけにされるといいでしょう。
高いところに上がってしまう猫がいるご家庭では、猫が入らないようなタンスの裏側や冷蔵庫の下など狭い場所に置くようにしてください。

なお、ホウ酸ダンゴを作るときに唐辛子を混ぜると、猫が口に入れても辛くて出してしまいます。そういった対策も考えてみるといいでしょう。

まとめ

ホウ酸ダンゴは作るのが面倒だと思いがちですが、作ってみると意外と簡単にできますよ。
市販のホウ酸ダンゴではホウ酸濃度がわからないのですが、自宅で作る場合は濃度の調整が可能です。

ぜひ一度、作ってみてください。

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
よく読まれている記事
カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ