赤ちゃん蚊対策,赤ちゃん蚊取り線香,蚊取り線香安全性

みのりある日々~お役立ち情報

みのりある日々になるように、生活に役立つ記事をお送りします

赤ちゃんがいる家庭でも安心して使える蚊対策の方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


蚊取り線香

暑い季節になると出てくる蚊。特に赤ちゃんがいるご家庭では、柔らかい肌が蚊に刺されないように苦労されているのではないでしょうか。
殺虫剤を使っていいのかどうか、赤ちゃんがいる部屋での蚊対策について詳しくご説明しています。
少しでも安全な蚊の予防をして、快適に夏を乗り切ってくださいね。

スポンサードリンク


蚊取り線香は赤ちゃんのいる部屋で使ってもいいの?

蚊取り線香は昔は除虫菊という食物を使っていました。
今も除虫菊の成分を使っていると思っている方がいらっしゃるかも知れませんが、現在の蚊取り線香は「ピレスロイド」という成分を使っています。

ピレスロイドとは除虫菊などに含まれる成分とよく似た化学物質で、蚊などに効果を発揮するものです。

ただし、現在でも天然の除虫菊を使っている蚊取り線香もあります。
天然だから安全で、ピレスロイドは危険かというと、決してそんなことはありません。

蚊取り線香ピレスロイドの安全性

「日本中毒情報センター」が看護師や保健師・薬剤師向けに出している資料によると、

  
「ピレスロイドはハエや蚊などの駆除に使われる化学成分で、通常は大量でない限り、重篤な中毒は起こりにくい。
ただ、気管に誤嚥した場合は(配合されている石油系溶剤の影響で)化学性肺炎を起こすことがある。
また、大量に吸入すると嘔吐や下痢になることがある」

と書いてあります。

もし嘔吐などの症状が出たら、家庭では口をゆすがせて様子を見てくださいということです。

一般家庭では部屋を閉め切って長時間蚊取り線香をつけっぱなしにしていない限りは、大きな問題はないと言えます。

蚊取り線香のニオイが苦手な人も

蚊取り線香はニオイが苦手という方がいます。

部屋の中の衣類に蚊取り線香のニオイがつくので、なるべく使いたくないという方が多いのではないでしょうか。

ニオイ自体は赤ちゃんに害はありませんが、かわいいベビーウエアに蚊取り線香のニオイをつけたくないという場合は、蚊取り線香以外の方法を考えてみましょう。



赤ちゃんの蚊対策には、蚊取りマットやベープなどがおススメ

ニオイも煙も出ない「蚊取りマット」や液体のベープなどなら赤ちゃんがいるご家庭でも安心して使えます。

ただし、ハイハイを始めたころは手が届かないように少し高い場所に置く方が安全です。
ハイハイ~生後1歳くらいまではいろんなものに興味を感じて口に入れてしまいます。

「まさかこんなものまで!」というものを口に入れることがあるので、要注意です。

蚊対策のもの以外でも、床や手が届くテーブルなどに置くのは控えておきましょう。

バルサンなど煙をたく防虫は避ける

部屋を閉め切って煙をたいて防虫するバルサンなどは、赤ちゃんのいる部屋では使わないようにしましょう。

これは製品の注意書きにも書いてありますが

・ペット
・金魚などの水槽
・昆虫が入ったカゴ
・鳥かご
・赤ちゃん

などのいる部屋では使ってはいけないと書いてあります。

ダニやゴキブリなどの駆除をしたい場合は、ペットなど生き物は外に出す必要があります。

また、使用後は食器などを全部洗わなければなりません。

特に赤ちゃんがいる家庭では、食器以外のあらゆるものを口に入れる可能性があるので、後の掃除(拭き取りなど)がとても大変です。

こういった煙を使う方法は避けた方がいいでしょう。

赤ちゃんの蚊対策には蚊帳がおススメ

「蚊帳(かや)」は若い方はご存知ないかも知れませんね。

昔・・・昭和70年代ごろまではどこの家庭にもあったのではないでしょうか?

蚊帳は薄い編地でできた布を天井から吊るして、その中で寝るものです。
赤ちゃんや子ども用の布団にぴったりのワンタッチ蚊帳もありますよ。

蚊帳は薬剤などを一切使わずに編目の布で寝ている場所を囲むだけです。
しかも風は通すので、涼しさは抜群。

クーラーの風が苦手という人や、扇風機の風に当たって寝ると風邪をひくという人もおられますが、蚊帳ならそういった心配がありません。

蚊帳の価格は意外と安い!

蚊帳は大きいものなら、畳4.5畳の部屋で使えるものがあります。
それでも価格は3500円(税別)です。
扇風機を買うのと変わらないですね。

しかも、電気や薬剤を使わないので、エコになりますよ。

吊り下げる場所がないという家庭や、吊り下げるのが面倒だという人、借家でくぎが打てないという場合は、吊り下げずに使えるワンタッチタイプがおすすめです。


蚊帳に入るときのポイント

蚊帳を使うときは、中に虫が入らないようにする事が大切です。
入るときはサッと素早く入りましょう。

うちわなどで虫を追い払いながら入るのがコツです。
赤ちゃんは抱いたまま素早く蚊帳の中に入ります。

気をつけてほしいのは自分で歩ける小さなお子様です。
蚊帳が珍しくて出たり入ったりとはしゃいでしまいます。

そのスキに虫が入ってしまいますよ。
それではせっかくの蚊帳の効果が得られなくなります。

素早くサッと。
これが蚊帳を使うコツなのです。

また、寝返りを打ち始めた赤ちゃんは、時々様子を見てあげてくださいね。
蚊帳のすその部分にまでコロコロと転がっていき、蚊帳とぶつかる可能性があります。

その場合は大きめの蚊帳を使って、親子で一緒に寝るといいでしょう。

これで今年の夏は蚊のブ~ンという音に悩まされずに済みそうですね。

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
よく読まれている記事

Sorry. No data so far.

カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ