暑さ対策カーテン,遮光カーテン,遮熱カーテン,グリーンカーテン効果

みのりある日々~お役立ち情報

みのりある日々になるように、生活に役立つ記事をお送りします

暑さ対策におススメのカーテンは遮光?遮熱?正しい選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


カーテン

猛暑の季節、少しでも室内を涼しくしたいものです。ゴーヤなどのグリーンカーテンを作るという方法もありますが、熱や紫外線を防ぐほど立派に茂らせるのは大変です。もっと手軽にカーテンで暑さ対策をしてみませんか?カーテンには遮熱機能や遮光機能を持ったものがあります。ここでは暑さ対策におすすめのカーテンの選び方をご紹介します。

スポンサードリンク
  

暑さ対策にカーテンをどう使うか?

カーテンは外から室内が見えないようにする働きと、光が入り込むのを防ぐ働きがあります。

最近は
・遮光カーテン
・遮熱カーテン
・防炎加工カーテン
など多くの機能を備えたものがあります。

暑さ対策としての効果はどうでしょうか。

遮光カーテンの級と暑さ対策の効果

遮光カーテンとは外からの光が室内に入らないようにするもので、夜勤で働く人が昼間寝る時に部屋を暗くする目的で使用します。

遮光カーテンには「級」があります。

1級遮光:遮光率99.99%以上
2級遮光:遮光率99.80%以上
3級遮光:遮光率99.40%以上
遮光性なし:遮光率99.39%以下

となっていますが、1級遮光のカーテンでもカーテンの色によって室内の明るさが異なります。
例えば薄いベージュや薄いピンク色、薄い水色などは遮光が1級でも室内は明るく感じられます。
一方、黒や濃い茶色、濃い青などは室内は暗くなります。

ただ、部屋の雰囲気が暗く、重いものになります。

また、光の侵入は防げますが、カーテン自体が熱を持ってしまうので、室内の温度は輻射熱(ふくしゃねつ)でさらに上昇してしまいます。

目的が光をさえぎるというものなら遮光1級のもので濃い色目のものを選ぶといいのですが、暑さ対策としての効果はあまりないようです。

また、カーテンレールやカーテンとカーテンのすきまから光が入ってくるので、完全な遮光は難しいと言えます。

もし西日が入ってきて部屋の畳や家具、絵画などが日焼けするという場合は、色目はそれほど濃くないもので遮光カーテンをつけるといいでしょう。

使い方としては、
・西日が当たる部屋
・昼間は仕事で出かけていて夜に帰ったときに部屋が暑くてたまらない

といった場合に厚手のカーテンを使うといいでしょう。
強い日差しを防いでくれます。

昼間も在宅される場合は厚手のカーテンでは部屋が暗く重い感じになってしまいます。その場合は遮熱のレースカーテンを使うと、部屋は明るくて外部の熱気を防ぐことができます。


遮熱(断熱)カーテンの効果

遮熱カーテンは「断熱カーテン」とも呼ばれるもので、カーテンの生地の密度が通常のものよりも密になっています。
そのため、室内の温度を逃がさないという効果があります。

特に冬場は外気の寒さを防ぐのに効果を発揮します。室内の温度を下げないという効果もあるために、冬場はより効果を実感できます。

一方、暑さ対策としても遮熱カーテンはおすすめできます。
遮熱カーテンには厚手のカーテンと遮熱のレースカーテンの2種類があります。

遮熱のレースカーテンには
・セラミック繊維を使用したもの
・ステンレス繊維を使用したもの

の2種類があります。

セラミック繊維を使用したカーテンの特徴

セラミック繊維を使用したカーテンというのは、カーテン生地の繊維に特殊なセラミックを封入したものです。
また、繊維を編みこむときに二重構造にしているものがあります。
こでによって紫外線カットや遮熱効果が得られます。

ある実験ではセラミック繊維を使用した遮熱カーテンでは通常のカーテンとの温度差は10℃~15℃もあったそうです。

夏場の暑さ対策だけでなく冬の断熱効果も期待できますね。

ステンレス繊維を使用したカーテンの特徴

ステンレス繊維はレースの遮熱カーテンによく使用されます。
カーテンの繊維にステンレスを付着させています。
まっ白なレースのカーテンに比べるとグレーっぽい色になりますが、室内は十分に明るくなります。

メーカーの実験では熱を50%もカットしたという結果が出ています。

夏だけでなく冬も室内の暖房の熱を逃さない効果があります。


まとめ

最近は機能性のあるカーテンがたくさん販売されていますね。
暑さ対策としては

日中も室内で過ごす場合はステンレス繊維やセラミック繊維を使用した遮熱のレースカーテンを
昼間は仕事で留守の場合は厚手の遮光カーテンを
お使いになってはいかがでしょうか。

また、こちらのページではベランダなど室外で使える暑さ対策の方法をご紹介しています。

あわせて参考になさってください。

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
よく読まれている記事

Sorry. No data so far.

カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ