雨の日髪の毛広がる,雨の日ヘアスタイル,梅雨時ヘアスタイル

みのりある日々~お役立ち情報

みのりある日々になるように、生活に役立つ記事をお送りします

雨の日に髪の毛が広がるのはなぜ?おすすめの対策はこれ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


髪の毛

梅雨時や季節の長雨など雨の日が続くと、せっかくきれいにブローやセットした髪の毛が広がってしまいます。雨の日に髪の毛が広がりやすいタイプと、その対策を詳しくご説明します。ぜひ参考にしてください。


スポンサードリンク
  

雨の日に髪の毛が広がる理由と広がりやすい髪の毛のタイプ

雨の日はせっかく髪の毛をきれいにして出かけても、変なくせが出たり、すそが広がったりしてまとまりのないヘアスタイルになってしまいます。

雨の日など湿気が多い環境で髪の毛が広がるのはなぜでしょうか?

髪の毛が太い人や毛髪の量が多い人は、雨の日には髪の毛が広がりやすくなります。
また、髪の毛が傷んでいる人もヘアスタイルがまとまりにくくなり、広がってしまいます。

その理由は、毛髪の表面のキューティクルがはがれて、湿気を吸収してしまうからです。

毛髪の表面の痛みは目で見ただけではなかなかわかりませんが、キューティクルという薄い細胞の膜でおおわれています。キューティクルはたんぱく質でできていて、魚のうろこのように髪の毛の表面をおおっています。

ところがパーマや毛染め、ドライヤーの熱などで髪の毛が傷むと、魚のうろこのようなキューティクルがはがれてきます。
そのため、ぱさついたり、湿気を帯びると広がったりしてしまうのです。

雨の日に髪の毛が広がる人のための出かける前の対策

雨の日に髪の毛が広がらないようにするためには、キューティクルがはがれないように日ごろのケアが大切です。

シャンプーの後はしっとりして、髪の毛に栄養分を与えるトリートメントをします。
また、タオルドライ(タオルで髪の毛を乾かすこと)のときは、ゴシゴシとこすらずに髪の毛をタオルで包み込んでトントンと手で押して乾かしましょう。

ドライヤーをかけるときの注意点

ドライヤーをかけるとき、髪の毛の下から熱風を当てていませんか?
キューティクルは根元(頭に近い方)から毛先に向かってついています。そのため、髪の毛の下からドライヤーの熱を当てるとキューティクルがはがれる原因になります。

ドライヤーをかける場合は、上から下に向けてやっていきましょう。

また、ドライヤーの最後に冷風をあてると、キューティクルが引き締まるので、髪の毛が広がるのを防ぐ効果があります。
雨の日は出かける前にしっとりタイプのワックスやスプレーなどをつけていきます。
ただし、あまりしっかり形を作って出かけると、雨に当たることで変な形のまま固まってしまいます。

出かけるときはアバウトにセットして、目的地についてから仕上げるとうまくいきますよ。


雨の日に髪の毛が広がる人のための出かけた先での対策

出かけるときはミニブラシとサラッとしたタイプのヘアスプレーやトリートメントのミニボトルなどを忘れずに持っていきます。

そして目的地についてから、スプレーやトリートメントをつけて形を整えていきましょう。
髪の毛用の保湿クリームなども役立ちます。

さまざまな対策をしてもどうしても広がってしまうという方は、髪の毛をまとめたり、美容院で少しすいてもらったりして乗り越えるのもいい方法です。

髪の毛が少ない人にとってはうらやましい悩みでもあるので、ヘアアレンジを楽しみながら雨の日を乗り切っていきましょう。

まとめ

雨の日の髪の毛対策は日ごろのキューティクルケアが大切ということですね。

そして出かける前に完全にセットするのではなく、目的地で整えるということが大切です。
これはメイクでも同じで、せっかくアイラインやマスカラなどメイクをバッチリして行っても雨でぼやけてしまうということがあります。

出かける前は簡単に基礎メイクだけしておいて、目的地や人に会う前に仕上げると崩れることがありませんよ。


スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
よく読まれている記事

Sorry. No data so far.

カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ