台所食中毒対策,キッチン食中毒対策

みのりある日々~お役立ち情報

みのりある日々になるように、生活に役立つ記事をお送りします

キッチンの食中毒予防でやってはいけない3つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ばい菌

気温や湿度が高くなると食中毒の危険性がUPします。食中毒は食品の管理だけでなく、キッチンで使うものも原因になっています。フキンやまな板など普段よく使うものの管理法を間違えると、結果的に細菌を増やす可能性があります。そこで、キッチンの食中毒予防として「やってはいけないこと」を3つご紹介します。

スポンサードリンク
  

フキンは細菌の住みか

台フキンや食器を拭くフキンは、どこに置いていますか?

食器用はフキン掛けに
台フキンやテーブルの上に

……というご家庭がほとんどだと思います。

台フキンは常にテーブルに置いておかないと役に立ちませんからね。

ところがこれが細菌の温床になってしまいます。
台フキンはぬれていて湿気を含んでいます。
そこに室内の温度が上がると、当然ながら雑菌が増殖します。

そのフキンでテーブルを拭くと、雑菌をすりつけているのと同じことです。

一方、食器を拭くフキンも要注意です。
食器を拭いて湿気を含んだものをフキン掛けにかけておくと、ここでも雑菌が繁殖します。

対策としては、次の方法がおすすめです。

●しっかり洗って日光で干す(日光で殺菌)
●漂白剤につけて殺菌する
●熱湯で煮沸消毒する

この中で一番手軽にできるのは日光消毒ですが、雨が続く梅雨時は思うように日光に干せません。
そんな場合は漂白剤につけたり、使い捨ての除菌シートなどを使うと安心です。



食器のつけ置きな雑菌を増やす元

食事が終わった後の食器、どうされていますか?

すぐに洗うという人もいますが、家族の食事時間がバラバラだったり、食後はゆっくりしたいという場合は、すぐには洗わずに洗いおけにつけておきますよね。

食器つけおき

その方が食器にこびりついた汚れが取れやすくなるので、一見合理的な方法に思えます。

しかし、これが雑菌や細菌を増やす原因になっているのです。

専門家の話では、水やぬるま湯に食器を1時間つけておくだけで雑菌や細菌が大幅に増加するとのことです。

洗いおけの水1ml中の細菌の数は、入れた食後は約400万個でしたが、3時間後には2倍以上になり、5時間後には3倍に増えて、8時間後には1800万個にまで増加するという研究データが出ています。

つけおきの細菌増加数

エフシージー総合研究所 環境科学研究室の調べより参照

細菌は目には見えませんが、恐ろしいほど増えるのですね。

なお、除菌効果をうたっている台所洗剤がありますが、洗いおけの水に溶かして使う場合は濃度が薄くなるので宣伝でうたっているほどの効果は期待できないとのことです。

しかも、食器についた細菌はそう簡単に落とせません。

健康を守るためにも食後はすぐに食器を洗ってしまいましょう。


まな板の衛生管理に要チェック

まな板は生の肉や魚を調理するために、どうしても細菌が付着してしまいます。

洗剤で洗ったままにしていませんか?

まな板
それでは不十分です。

アルコール除菌@キッチンラボの調査によると、調理した後に軽く洗っただけのまな板には10cm四方で約400個の雑菌がいることがわかりました。

さらにそれを室温が高い時期に置いておくと、4時間後には350倍に増加しています。
さらに10時間後には2500倍の100万個もの雑菌が確認されました。

まな板

アルコール除菌@キッチンラボ



そこで、まな板の衛生管理には、次の方法を取るようにしましょう。

1.台所洗剤(原液)をつけてよく洗う
2.その後、熱湯をかける
3.天気がいい日は日光に充てる
4.漂白剤をかける
5.使う前にアルコール除菌スプレーをかける

ちょっと面倒ですが、洗剤で洗った後は熱湯をかけたり、使用前にアルコール除菌スプレーをかけたりといったことを習慣づけるだけでもかなり食中毒の対策になりますよ。

まとめ

食中毒は食品以外にも原因があります。
普段何気なくやっていることが、細菌や雑菌を増やしていたとはショックですね。

ただ、しっかりと対策をすれば防げますので、ぜひやってみてください。

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
よく読まれている記事
カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ