京都祇園祭,祇園祭宵山

みのりある日々~お役立ち情報

みのりある日々になるように、生活に役立つ記事をお送りします

祇園祭の宵山の見どころと楽しみ方をご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


宵山

京都の夏を彩る祇園祭。屋台も楽しみでしょうが、もっと大人の祇園祭を楽しんでみませんか?7月14日~16日の宵山や町屋など、宵山ではどこを見ればいいか、詳しく解説しています。これで今年の祇園祭は10倍楽しくなりますよ。

スポンサードリンク
  

祇園祭の宵山の日程

京都の祇園祭は八坂神社を中心に7月1日から始まります。さまざまな行事があるのですが、一番の見どころは7月14日~16日の宵山と7月17日の山鉾巡行です。

ここでは7月14日~16日の宵山について、ご説明していきます。

各山鉾は7月10日~13日にかけて組み立てられます。
そして、ちょうちんに灯りが灯るのが、14日~16日です。
この期間を宵山と言います。

正式には山鉾巡行(17日)の前日を「宵山」
15日を「宵々山(よいよいやま)」、14日を「宵々々山(よいよいよいやま)」と言います。

各山鉾では祇園囃子が奏でられるので、祭りの雰囲気が一気に盛り上がります。

祇園祭の宵山の山鉾はここをチェック!

祇園祭の宵山に行かれたら、いくつもの山鉾が並んでいます。
人混みに押されながら「ふ~ん」と見て歩くだけではもったいないですよ。

いくつか見どころがあるのでご紹介します。

山鉾を一堂に見られる場所
山鉾は各鉾町の場所に置かれています。
中には路地を入らないといけない鉾もあるのですが、有名な「月鉾」「函谷鉾」「長刀鉾」は四条通りで見られます。
歩行者天国になっているので、ぜひ四条通りから大型の山鉾を見てみてください。

宵山


報道陣がカメラを設置しているところがあります。
そこは特に見どころスポット、撮影スポットなのでおすすめです。

山鉾の配置図

山鉾の配置図です。
四条通りを中心に、中の路地でも見られます。

山鉾のちょうちんを観察
山鉾はそれぞれにちょうちんの柄が異なります。
家紋のような印が入っているので、それをひとつひとつ見て歩くと面白いですよ。

山鉾ちょうちん

なお、山鉾にはいわれを書いた立て札があるので、それを読んで歩いてみましょう。

山鉾立て札

山鉾の装飾を見る
山鉾と言えば装飾と言ってもいいほど、豪華な装飾が施されています。

また、山鉾の上には「月」や「長刀」などそれぞれの山鉾を象徴するものが乗っています。

おもしろいものでは、「蟷螂(とうろう)山」に乗っているかまきりです。
山鉾巡行中にかまきりが動くという、祇園祭の中でも唯一のからくりが施されたものです。
「かまきり山」とも呼ばれています。

宵山かまきり山

宵山では灯りの下でじっくりとかまきりが見られますよ。

山鉾のご神体を見る
各山鉾には「ご神体」があります。



宵山ではご神体を会所にお祀りしています。
おさい銭を供える場所もあるので、ぜひお参りしてみてください。





祇園祭の宵山では町歩きを楽しもう

祇園祭のメイン会場は四条通りですが、少し中の路地に入ると小さな山鉾がたくさん見られます。

また、町内では古くから保存しているふすま絵や屏風などの宝物を無料で展示しています。

屏風の展示



一般の民家なのですが、代々大切に守ってこられたものを、祇園祭の宵山の期間中は一般公開しているので、ぜひ見せてもらいましょう。

詳しく説明してくれるお宅もありますので、聞いてみるといいですね。

また、町屋の風情を楽しめますよ。

京都の町屋

浴衣で歩いている人もたくさんいます。
この機会に浴衣に挑戦してみるのもいいですね。

まとめ

祇園祭りはひと言では言い表せないほど奥が深いものです。

さすがに歴史ある祭りですね。
この期間中はあちこちでパンフレットなどが販売されているので、購入されると勉強になりますよ。

ちまきのご利益についてはこちら

祇園祭に浴衣のレンタルできるお店情報はこちら

祇園祭の屋台の情報はこちら  

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
よく読まれている記事
カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ