小学校プールゴーグル,小学校プールラッシュガード

みのりある日々~お役立ち情報

みのりある日々になるように、生活に役立つ記事をお送りします

小学校のプールでゴーグルとラッシュガードは必要?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


小学校プール

小学校でプールの授業が始まると、子どもたちは大喜びです。健康のためにも思い切り楽しませてあげたいですね。ところで最近は学校によってはプールの授業でゴーグルをつけてもいいとか、ゴーグル着用が必須だとか、学校によって扱いが違うようで、戸惑う保護者の方が増えています。同じようにラッシュガードの扱いもさまざまです。そこで今回は小学校のプールでゴーグルとラッシュガードはどうすべきか、調べてみました。


スポンサードリンク
  

小学校のプールでゴーグルは必要?その理由は?

以前は小学校のプールの授業では、ゴーグルもラッシュガードも不要でした。学校指定の水着だけでよかったのですが、最近は「ゴーグルを持たせてください」と「ゴーグル着用を必須」にしている小学校もあれば、「ゴーグルを着用したい方は理由を添えて申請すること」と申請制にしている小学校もあります。そうかと思えば本人の希望に任せているところもあり、保護者としては迷ってしまいますね。

スイミングスクールに通っている子どもはゴーグル着用が当たり前なので、違和感なくプールの授業でも着用するようです。
それを見た同級生は「自分もつけたい」と希望するケースが多いのだとか。

では、プールでゴーグルを使う理由は何でしょうか?

それには2つあります。

衛生面の理由から
プールは塩素を多く入れています。その塩素が目の角膜に刺激を与えると言われています。

東京都の古野眼科院長である古野史郎先生は、ゴーグルを着用せずにプールに入った場合の角膜障害になる割合は約66%もあるが、ゴーグルをつけている場合は約9.3%とかなり低くなると語っています。

日本眼科医会学校保健部の研究でも、ゴーグルの着用を薦めています。

それほどにプールの塩素はきついということですね。

水中で目が開けられるから
子どもにとって水に顔をつけるのは、なかなか勇気がいることです。
さらに水の中で目を開けるのは至難の業ではないでしょうか。
しかし、ゴーグルを着用すれば、水中で目を開けることができます。

その分、周囲の状況がよく見えるので安全面でもメリットがあります。

目が開けられない場合は無我夢中で泳ぎ、友達とぶつかるということがありますが、それが防げるのです。

このような理由でゴーグルの着用が推奨されています。


小学校のプールでゴーグル着用を希望する場合

小学校の方からプールではゴーグル着用を義務づけている場合は問題がないのですが、希望する場合はその理由を書いて提出しなければいけないというところがあります。

その場合は

「衛生面の理由で着用を希望します」
「以前、角膜炎を起こし、それ以降、眼科医からプールでゴーグルを着用するように指示があったから」
などと書けば大丈夫です。

学校は書類が整っていればそれで問題なく許可が下りますから。

一方、「ゴーグルは希望すれば着用可能。本人の自由にまかせる」という方針の小学校もあります。
この場合は本人がいやがらない限りは、つけさせてあげるといいでしょう。

その理由は上記に書いた通り、塩素による角膜の刺激を避けるためと、水中で目を開けて安全に泳ぐためです。


ゴーグルを購入されたら、子どもの顔のサイズにゴムを調整してあげてくださいね。
泳いでいる間にゴーグルが外れたり、ずれたりしては意味がありませんから。

それも安全のために大切なことです。

また、しっかり名前を消えないように油性マジックで書いておきましょう

小学校のプールでラッシュガードは着用OK?

一方、紫外線防止のために小学生でもラッシュガードの着用を希望される方がいます。

こちらの扱いも学校によってかなり異なります。

「学校指定のスクール水着でないとダメ」というところもあれば、「派手なものでなければどんな水着でも可能」というところもあります。

最近の家庭事情で、例えば転校が多いご家庭の子どもさんは転校するたびに学校指定のものを購入していると大変ですものね。

また、水着を購入するのが大変なご家庭では、ネットオークションや「あげます・ください」などのリサイクルサイトなどを使って安く購入したいという場合があります。

そういった意味で、特に指定しないというのはうれしい配慮ですね。

ラッシュガードに関しても、強い紫外線を浴びるとアトピー性皮膚炎が悪化するとか、肌が弱いといった子どもの場合は着用したいと望むケースがあります。

その場合は一度学校で相談されるといいですね。

最近は学校側も児童の安全や健康面への配慮が進んでいるので、事情を汲み取ってもらえるのではないでしょうか。

ただし、ラッシュガードはおしゃれ重視ではなく機能性重視で選んであげるといいですよ。

あくまでも「体育の授業」の一環なので、それは忘れないようにしたいですね。


まとめ

小学校のプールの授業のゴーグル着用はかなり一般化してきましたが、ラッシュガードはまだまだ・・・という感じです。
家族でプールや海水浴に行くときは着用したいという方が多いのではないでしょうか。

スポーティな感じのラッシュガードや、おしゃれなパーカータイプのラッシュガードなどがあるので、親子や兄弟でおそろいを着るのも楽しいですね。



安全で快適な水遊びを楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
よく読まれている記事
カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ