高校野球,甲子園球場

みのりある日々~お役立ち情報

みのりある日々になるように、生活に役立つ記事をお送りします

甲子園 高校野球観戦ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


高校野球

各地の厳しい予選を勝ち抜いてきた選手たちが一堂に集まる高校野球の甲子園大会。
どのチームも熱戦で、見ている方もつい手に力が入ってしまいます。

毎年、春と夏に大会が開催されます。
今年は甲子園で生の高校野球全国大会を見てみませんか?

持ち物や行き方、観戦の方法などをご紹介します。

スポンサードリンク

日程と対戦カードをチェックしよう

夏の大会で甲子園に出場するには、各都道府県の県大会を突破しなければいけません。
全国では沖縄県が一番速く開幕します。

春の選抜は過去の試合の結果などから選ばれた学校が出場します。

いずれも1回戦の対戦相手は抽選で決まります。
自分が応援したい学校の試合日と対戦相手をチェックしましょう。

甲子園のチケットの買い方

当日券

当日券は甲子園球場で開門と同時に発売されます。
人気のカードの日は朝早くからチケットを求める人が並んでいます。
当日券はどれも自由席になっています。

単日券(前売り券)

1塁、3塁特別自由席のみ、日程を指定して販売されます。
販売はローソンチケット、ミニストップ、チケットぴあ、セブンイレブン、サークルK・サンクスとなっています。

通し券

開会式から閉会式まで全日、観戦が可能です。
・中央特別自由席 2万6000円
・1塁・3塁特別自由席 1万9500円

ちょっと高いと思うかも知れませんが、当日券を全試合日(14日間)購入するより特別自由席は2000円、1塁・3塁自由席は1500円安くなります。
販売は東京=朝日旅行朝日新聞社内支店、朝日旅行東京支店、エスポートミズノ、札幌=朝日サービス

指定券

自分で席を選んで買いたいという人におすすめです。
基本的に前売りですが、空席があれば当日の販売もされます。
ただし、数に限りがありますので、売り切れの可能性が大です。
・ボックス席 1塁・3塁特別自由席に合計28あります。
4人席(8000円、9000円)
5人席(1万円、1万1000円、1万3000円)
見えやすい場所かどうか、事前にチケットぴあのサイトで確認するといいそうです。
・ペア席 中央特別自由席の最上段の20席(10ペア分)あります→6000円
こちらも事前にチケットぴあで席を確認しておきましょう。
チケットぴあ、セブン―イレブン、サークルK・サンクス
・アルプスデッキ席 1塁・3塁のアルプス席最上段にあります。
1区画16人、1万6000円(2区画あります)
ローソンチケット、ミニストップで販売

ちなみに
・中央特別自由席 2000円(大人も子どもも同料金)
バックネット裏という席で、テレビにもよく映りますね。
銀屋根があるところなので、厳しい日差しのときも影になりますよ。

・1塁特別自由席 大人 1500円 子ども 600円
・3塁特別自由席 大人 1500円 子ども 600円
選手の動きがよく見えます。
ただ、自分が応援している学校と反対側に行くと、まわりは敵ばかり・・・ということになるのでチケットを買う場合は注意してください。

・1塁アルプス席 600円(大人も子どもも同料金)
・3塁アルプス席 600円(大人も子どもも同料金)
学校の応援団がいる席です。
学校関係者が多いので、そのチームに思い入れがある場合はぜひ一緒に応援しましょう。
応援風景を見るのもまた楽しいものです。
テレビで見ていてもわかる通り、影になるものがまったくありません。夏の大会は炎天下での応援になるので、日よけ対策はお忘れなく。

・外野席 無料
球場全体を見渡すことができます。
ホームランが飛んでくることもあります。
夏の大会は炎天下になるので、日よけ対策は必須です。
また、人気校の試合の場合は、外野席のチケットも取れないほどです。
早めに球場に行って、まずはチケットだけでもゲットしておきましょう。

※ここでいう子どもとは、4歳以上、小学生以下です。
※1人5枚まで購入できます
・第1試合成立後に雨などで試合が中止になっても、入場券の払い戻しはありません。
ただし、第1試合が成立せずに、以降の試合も中止になった場合、チケットは翌日有効になります。
(その場合、払い戻しを希望される人は、その日の内に甲子園球場窓口で払い戻してもらってください。

座席表はこちらで確認できます→甲子園球場座席表

甲子園野球観戦の持ち物

甲子園に高校野球を応援に行く場合の持ち物は、次のようなものを準備しておきましょう。
万が一忘れ物をしても、最近は近くのコンビニで調達できますので、とにかくお金だけはしっかり持参してくださいね。

・財布 クレジットカードなど
・携帯電話
・日焼け止めクリームなど
・春の選抜大会はまだ肌寒い日があるので、上着があると助かります。
・タオル(2~3枚)…汗拭きに使うと、すぐに汗で濡れてしまうので予備がいります。
また、凍ったペットボトルをタオルで巻くのにも使います。
もし雨が降ったときもタオルは活躍するので、邪魔にならない範囲で多めに持っていきましょう。
・帽子 小さなキャップではなく、首すじまで隠れるような大きなツバがあるのがおすすめです。
※逆に日傘は周囲の人の迷惑になるので、控えましょう。
・カッパ 雨が降ったとき、傘を広げると周囲の迷惑になるので、雨の予報がある場合はカッパも準備しておきましょう。
・ビニール袋 ゴミを入れるだけでなく、自分の席(シート)の下に荷物を置くのにも使います。雨が降ったらシートに敷いたり、カッパ代わりにしたりと活躍します
・飲み物 水筒持参がおすすめです。球場で買うと何もかもが割高なので。
ただし、遠方からお越しで荷物が増えるのは困るという人は、球場周辺のコンビニで購入してもOKです。
ビン・缶の持ち込みは禁止なので、注意してください。(危険防止のためです)



甲子園球場への行き方

甲子園球場には駐車場がありません。
そのため、車で行くことはできませんので、ご注意ください。

アクセスはとても便利です。
阪神電車「甲子園」駅から徒歩2~3分です。
駅の改札口を出たら球場にダッシュする人が多いので、ついて行けばわかりますよ。
JR大阪から阪神電車 梅田駅まで歩いていき、特急(直通特急)で約13分、急行で16分です。(片道大人270円)

難波(なんば)から甲子園まで快速特急で約20分 (片道大人360円)

三宮から阪神電車で特急(平日の朝7:26~8:39は甲子園駅には停車しません) 約18分 快速急行 約19分(大人片道 270円)

遠方からお越しの場合は、
新幹線 新大阪からJRで大阪駅まで行き、阪神電車に乗り換える方法
飛行機 大阪空港から空港バスで甲子園まで行く方法(片道 720円)
高速バス なんば または 三宮で下車して阪神電車に乗り換える方法

高速バスが安くておすすめですが、8月のお盆シーズンは高速道路の渋滞があるので避ける方がいいかも知れません。

宿泊は選手や応援団が出場が決まると同時に周辺のホテルや旅館を押さえるために、なかなか取れません。
高校野球の観戦を計画されている場合は、まずはホテル、旅館を確保しましょう。


スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
よく読まれている記事
カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ