お彼岸結婚式,お彼岸結婚式非常識,お彼岸結婚式日取り,お彼岸結婚式招待状

みのりある日々~お役立ち情報

みのりある日々になるように、生活に役立つ記事をお送りします

お彼岸に結婚式を挙げるのは非常識?招待状はどうすればいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


招待状 

春や秋はブライダルシーズンですが、結婚式や披露宴の日取りを決めるのはなかなか難しいですね。できれば仏滅は避けたいし、招待した人が出席しやすい日取りを選びたいものです。しかし、お彼岸を結婚式の日取りとして選ぶのは非常識でしょうか?延期が悪い?どうすればいいのか、詳しくご説明します。


スポンサードリンク
  

結婚式の日取りはお彼岸は避けるべき?

以前は結婚式の日取りには大安を選ぶ方が多かったのですが、最近はそこまでこだわりはなくなっています。

ちなみに縁起のいい日取りは大安以外に「友引」もいいと言われています。
これは友達を誘うという意味があり、招待した人が良縁に恵まれるという縁起をかついでいるからです。
ブーケトスのようなイメージですかね。

逆にお葬式に友引は避けますが、これは故人が友達を誘って(引いて)あの世に連れていくという考え方があるからです。

結婚式の日取りでは、「お彼岸だから避けなければいけない」ということはありません。

むしろ現代では仏滅でも結婚式を挙げるカップルがいますし、真夏に挙げるカップルもいます。
招待される側としては、真夏よりは気候のいい春や秋の方がありがたい感じがしますけど・・・

また、新郎新婦の職業によっても、結婚式の日取りが制限されることがあります。
例えばどちらも学校の教師をしている場合は春休みや夏休み、冬休みなどを選ぶ傾向がありますし、飲食業や観光業などサービス業に勤めている場合は土日や祝日は仕事が休みづらいという事情があります。

そのために仕事が比較的ヒマな時期に日取りを決める場合があります。

一方、結婚が急に決まった場合や結婚式の準備をのんびりと構えていた場合などは、日程を選ぶ余地がなくてほかの人が避ける日取りを選ぶというケースもあります。

お彼岸に結婚式を挙げるのは非常識?

このように結婚式の日取りは「絶対この日は避けるべきだ」という厳格なルールはありません。
そのため、お彼岸に結婚式を挙げても決して非常識ではないのですが、地方によっては「縁起が悪い」と敬遠されることがあるかも知れませんね。

また年配の方は「何もわざわざお彼岸に挙げなくても…」と思うかも知れません。
親戚の中でそういった意見を言う人がいると思われる場合は、双方の両親にも相談してみましょう。

二人がどうしてこの日を選んだのかをきちんと説明することが大切です。
その理由は
・仕事の都合
・二人の記念日だから
・式場がこの日しか空いてなかったから
・式場が安かったから

などを伝えます。親ならお互いの気持ちを理解してくれますよ。
また、事情によっては協力や援助してくれることもあるでしょう。
うるさい親戚を説き伏せてくれることもあります。

しかし、最近は周囲の人も「これが若い人のやり方なのね」と割り切って受け止めてくれることが多いようです。

ただ、招待したい人の中に「毎年、お盆には帰省できないけれど、お彼岸には墓参りに行くようにしているんだ」という人がいる場合は避けてあげてはどうでしょうか。

その人にとってはそれが親孝行だったり、自分自身のけじめとしてお墓参りをするようにされているのですから。

この場合、新郎新婦がその事情を知っていれば避けてあげるといいということです。
当然ながら招待する方の事情をすべて把握するのは無理なので、そこまで気を使う必要はありません。


お彼岸に結婚式を挙げる場合の招待状はどうすればいい?

招待状には普通に日取りや場所などを書いて送付すれば問題ありません。

もしお彼岸に結婚式を挙げることに抵抗を感じる人がいると思われる場合は、軽く理由を書いておくといいですね。

【文例】
この日はお彼岸で皆さまにはご多用のことと存じますが、私たち二人の仕事の都合でこの日を選びました。
ぜひお運びください。

この日はお彼岸の中日ですが、○○(新郎の名前)が○日から海外出張に行くことが決まっておりまして、その前に皆さまに結婚のご報告をしたいと思い、この日を選びました。

などと一筆書いておきましょう。
なお、ウエディングプランナーの中 にはお彼岸の期間中に招待状が届くのは避けた方がいいという方がいます。
そこまで神経質になる必要はありませんが、最近は招待状は郵送することが多いので、発送する時期を少しずらすといいでしょう。


まとめ

結婚式はなかなか二人の思いだけでは進められない部分がありますが、縁起を気にされる方は「二人の前途に何か悪いことが起きてはいけない」という親切心からです。

感謝して周囲と歩み寄りながら進めていきましょう。

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
よく読まれている記事
カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ