子ども紫外線影響,子ども日焼け止め

みのりある日々~お役立ち情報

みのりある日々になるように、生活に役立つ記事をお送りします

乳幼児に日焼け止めは必要?紫外線の影響と日焼け止めの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


子ども紫外線

子どもは太陽の陽射しを浴びて真っ黒に日焼けする……というのは昔の話。今は紫外線の影響が心配で、子どもでも日焼け止めを使用する方が増えています。
しかし、大人用の日焼け止めは成分がちょっと心配!そこで乳幼児でも安心して使える日焼け止めの選び方をご紹介します。

スポンサードリンク
  

子どもが日焼けをするとどんな影響があるの?

日光を浴びることは体内でビタミンDの生成をうながします。
ビタミンDはカルシウムの生成に必要なもので、不足するとくる病を招くことがあります。

そのため、子どもにとって日光を浴びることは大切なのですが、あまり強い日差しを受けると紫外線の影響を大人以上に受けるといわれています。

それは子どもの皮膚のバリア機能が未発達なことと関係しています。
真夏の強い日差しを長時間浴びる生活を続けると、それだけ多くの紫外線が皮膚の奥まで浸透していき、将来のシミの原因になるという説もあります。

そのため、特に真夏は日中の厳しい日差しを避けて、涼しい朝方や午後3時以降などの時間帯を選んで外に出るようにしましょう。

家族で海水浴やプールに行くときも、日中に出かける場合は時間を30分~1時間にするとか、Tシャツを着せるといった工夫をしてください。

子ども用の日焼け止めを選ぶポイント

日焼け止めは多くの種類が発売されていますが、大人と同じものは避けましょう。
子ども用でも「合成紫外線吸収剤」が配合されているものは避けます。

合成紫外線吸収剤とは

・オキシベンゾン
・エチルPABA
・ジメチルPABAオクチル
・サリチル酸フェニル
・サルチル酸メチル
・シノキサート
などです。

これらは長く使っているうちに皮膚の中の方(真皮)にたまり、将来シミがより濃くなるといわれています。

このような合成紫外線吸収剤が入っていない日焼け止めのことを「ノンケミカル」と呼びます。
ただ、商品には「ノンケミカル」とは書いていないことがあるので、上記の成分が配合されていないかどうかをよく確かめましょう。

また、合成紫外線吸収剤以外にも合成ポリマーや合成の界面活性剤が含まれていないかもチェックしてくださいね。





乳幼児の日焼け対策はどうすればいい?

完全に紫外線をシャットアウトすることは難しいですね。

そこで、

・なるべく紫外線が強い時間帯は外出は避ける
・長袖の上着を着る
・つばの広い帽子をかぶる

などの工夫をしておきましょう。

また意外と紫外線を浴びるのは車の中にいるときです。
運転中に窓から強い日差しが入るので、窓ガラスに紫外線を防ぐUVカットフィルムを貼っておくと安心です。


一方、外に出るときは曇りの日も紫外線は出ています。
日焼け止めを塗るほどでもないと思いますが、長時間外で遊ぶのは避けるのがベターです。

なお、日焼け止めを保育園に持って行って、保育士さんに塗ってもらおうと思うお母さんがいますが、保育士さんは多くの子どもの面倒を見ています。病院から出された薬は飲ませてくれても、なかなか日焼け止めまでは対応してもらえません。

そこまで無理を言うのは控えた方がいいですね。

まとめ

子どもは太陽の下で元気いっぱい遊んでほしいと思う反面、強い紫外線の影響は気になりますね。

真夏はノンケミカルの日焼け止めを塗って対応されるといいですよ。

また、大人が日傘をさしてあげるとか、木陰で涼むといった対策もしてみましょう。

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
よく読まれている記事
カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ