大雨車浸水,車冠水

みのりある日々~お役立ち情報

みのりある日々になるように、生活に役立つ記事をお送りします

台風や集中豪雨で車が浸水したらどうすればいい?浸水時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


大雨

ゲリラ豪雨や台風による大雨などで自動車が浸水(または冠水)してしまうことがあります。最近の車は電気部品が多いため、何かと心配です。運転中に集中豪雨に遭った場合の対処法と、浸水してしまった車をどうすればいいのかについて、詳しく書いています。


スポンサードリンク
  

車の浸水はどの程度なら乗れる?危険なのはどれくらい?

集中豪雨などでドアよりも上の窓のあたりまで水に浸かっている車をニュースなどで見ることがありますが、そこまで浸水しても車は動くのでしょうか?

自動車メーカーの資料などを見ていると、ドアの下の部分(車に乗り込む部分)より上まで水に浸かると走行は難しいようです。
車の底の部分がつからなければなんとか走れますが、それ以上になると走行が困難ということです。

早く安全な場所に行こうと焦るあまり水たまりを走り抜けるときに深みに入ってしまうことがあります。特にガード下などは走らないようにしましょう。

近くにスーパーなどの立体駐車場があれば、そこに車を止めて避難するのが安全です。


乗車中に水に浸った場合の対処法

大雨などで道路が渋滞し動けなくなったときに道路の水かさがどんどん増えてしまうということがあります。
その場合は車も気になるでしょうが、まずは自分の身の安全を優先させましょう。

外に出るときは水深をよく探りながら歩いていきます。
特に道路全体に浸水している場合は、道路か側溝かの見分けがつきません。
思いがけないところに深みがあるので、ゆっくりと確かめながら安全な場所を探していきましょう。

特に夜間は暗いので要注意です。
雨が降り続いているときは視界が悪いので、なおさら注意が必要です。

水に浸かった車は感電しやすいので要注意

車が気になっても、車外に出たら車からはすぐに離れてくださいね。

車のバッテリーの電気で感電する危険性があります。
忘れものに気づいたり、安全な場所を見つけたので移動させようと思ったりしても、車には大きな電気が蓄えられているので感電する可能性があります。

特にハイブリッドカーや電気自動車はプロでも扱いが難しいとされています。
一般の人は手を触れないことが大切です。

まずは自分の体の安全を確保しましょう。


水が引いても運転は禁物!

一度浸水した車は、エンジン内に水が入っている可能性があります。
また、見えないところがどんな状態になっているかわかりません。

安全に走行できるとは限らないため、むやみに動かすのは禁物です。

JAFや自動車販売会社、整備会社などに連絡して専門家に移動してもらいましょう。

このように自動車が浸水すると思ってもみない障害が発生したり、感電したりといった危険なことが起こります。

最近の天気予報はかなり詳細に知らせているので、事前に大雨の予報が出ていたら川の近くや低い土地などには車では行かないようにしましょう。

そして、万が一の場合の対処法を頭に入れておいて、冷静に行動してくださいね。

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

   防災

最近の投稿
よく読まれている記事

Sorry. No data so far.

カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ