犬帰省,犬新幹線,犬飛行機

みのりある日々~お役立ち情報

みのりある日々になるように、生活に役立つ記事をお送りします

犬を連れて新幹線での帰省での座席の取り方やケージなど注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


犬

小型犬やうさぎ、猫などの小動物(猛獣やヘビは除く)は電車に乗せることができます。1回280円ですが、かわいいペットも一緒に帰省したいという方にはうれしいことですね。
ただ、お盆や年末年始の帰省ラッシュ時は人が多いので不安!ケージやトイレはどうすればいい?指定席は取った方がいい?など犬を連れて新幹線での帰省の注意点をまとめました。

スポンサードリンク
  

犬を新幹線に乗せるときはケージのサイズに要注意

犬に限らず新幹線や在来線など電車に小動物を乗せるときは、ケージに入れることが条件になっています。

・長さ70センチ以内で、タテ・ヨコ・高さの合計が90センチ程度のケースにいれたもの
・ケースと動物を合わせた重さが10キロ以内のもの

たとえおとなしい動物でひざに抱っこできるという場合でもケージなどのケースが必要です。ペットバギーも対象外なので注意しましょう。

費用は距離にかかわらず280円と安いので、その点は心配はないですね。
ただ、ケージやケースからは頭が出ないようにしておきましょう。

「犬を長時間、狭いケージに入れっぱなしにするなんて…」と思う方がいるかも知れませんが、犬は狭い穴ぐらで生きていた動物です。そのため、狭いところの方が落ち着きます。
心配して電車内でケージから出すことのないように気をつけましょう。

新幹線の指定は通路側?窓側?

普段の移動は自由席でも問題は少ないですが、帰省シーズンは指定席を取っておきましょう。
夫婦や親子、家族で帰省する場合は並んで席を取って、ペットは足元に置いておきます。

動物に対してのアレルギーを持つ方や動物が苦手という方がいます。
そういった人と隣りあわせにならないように工夫したいですね。

なるべく車両の一番前か一番後ろの席を取ると、動物が鳴いたらすぐに連結部分に行けるので安心です。



スポンサードリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-5059065440647345"
data-ad-slot="1457451716">


飛行機に乗れない犬種があるので注意

最近は帰省する日程が早くに決まっている場合は飛行機の早割を購入する方が増えています。
かなり安く買えるので、新幹線よりもお得ですね。

飛行機も犬の搭乗が可能ですし、電車よりも大型の犬も乗せることができます。

ただし、次の場合は受け入れてもらえません。


・生後4ヶ月以下の犬
・6月1日~9月30日はブルドッグやフレンチ・ブルドッグ、ボクサー、シーズー、ボストン・テリア、ブル・テリア、キングチャールズ・スパニエル、チベタン・スパニエル、ブリュッセル・グリフォン、チャウチャウ、パグ、チン、ペキニーズ
・心臓疾患・呼吸器疾患がある
・妊娠している犬

これらは預かってもらえません。
6月1日~9月30日までは預かれないというのは、鼻が短い犬種などは熱中症になりやすいというのが理由です。
飛行機は空調に配慮してくれていますが、安全のために預かれないようですね。

大型犬の場合は大きさによっては預かれないことがあります。

犬などペットを飛行機に乗せる場合はペット料金として6000円が必要です。
電車の280円に比べると高いですが、空調完備でペット専用の部屋で移動ができるので他の搭乗者に気を使う必要がないところがオススメできます。

飛行機の移動は快適ですが、飛行機を降りてから(または乗る前)の移動をどうするかなども考えておきましょう。
電車しか移動手段がない場合は、大型犬は電車に乗れません。

ペットホテルに預けるなどの方法を検討してくださいね。

まとめ

帰省はかなり疲れます。
そこにペットを連れて行くのは、人間にとってもペットにとっても負担になります。

しっかり計画を立てて無理のないようにしましょう。

また帰省先がペットを連れて帰ってもいいかどうかをきちんと確認することも大切です。
帰省先は家族を受け入れるだけでも大変なのに、ペットも連れてこられて迷惑をかける可能性があります。

ペットを飼っていない家はなおさら戸惑いや抵抗があるので配慮しましょう。

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
よく読まれている記事
カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ