敬老の日プレゼント,敬老の日介護施設プレゼント

みのりある日々~お役立ち情報

みのりある日々になるように、生活に役立つ記事をお送りします

敬老の日に介護施設に入っている祖母に贈って喜ばれるプレゼント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


敬老の日に何かプレゼントをしたいけれど、介護施設に入っている場合はどうすればいいのでしょうか?食べ物は制限があるかも知れないし、施設でお世話をされる職員の迷惑になってはいけません。何よりも本人が喜んでもらうことが大切です。
そこで、敬老の日に介護施設に入っている祖母に贈って喜ばれるプレセントについて、ご紹介します。


スポンサードリンク
  

敬老の日に介護施設に入っている祖母にプレゼントしたい

敬老の日は普段は会えない祖父母に会いに行ってあげたいですね。

特に介護施設に入っている方はさびしい思いをされている可能性があります。
プレゼントは高価なものでなくてもいいので、顔を見せに行ってあげましょう。

ただ、本人は「特別に何もいらない」とは思っていても、兄弟姉妹が何か贈っていたら、自分だけ手ぶらでは行けないということがあります。
結婚しているとなおさらで、義理の姉や義理の妹が気の利いたものをプレゼントしていたら…と思うと気になりますね。

また、施設に入っている本人は、ほかの入居者の方が身内からいろいろとプレゼントをもらっているのに自分には何もない…という状況はつらいと思います。
さびしい気持ちになりますよね。

顔を見せに行くのが一番で、そのときには何かひとつ気に入ってもらえるものを準備しましょう。

敬老の日に介護施設の祖母に贈ると喜ばれるもの

贈る相手の方が寝たきりなのか、動けるのか、痴呆があるかどうかで違ってきますが、
動ける場合はスリッパや上履きなどはよく使うので喜ばれます。

長く履いていると汚れたり、すり切れたりするので、新しいものがあるとうれしいと思ってくれますよ。

また、高齢者は体温調節がうまくできません。
そこでハーフサイズの毛布(ひざかけ)やベストなどちょっと羽織って体を温めるものがあるといいですね。

パジャマや下着などの着替えも数が必要です。

ただし、衣類や履物を贈る場合はサイズを確認しておきましょう。
家族や施設に聞いてみるといいですよ。
せっかく贈るのに大きすぎたり、小さすぎたりすると着心地が悪いので使ってもらえません。
そのときは好みのタイプやどういうものが使いやすいのかを聞いておきましょう。


敬老の日に介護施設に入っている祖母にオススメの品


喜ばれる品の中でも、これがオススメというものを集めてみました。

●スリッパ……クロックスタイプやスリッポンタイプは足がすっと入るので履きやすいです。
あまり重いものは足の筋肉が衰えている高齢の方には負担になるので、軽いものを選んであげましょう。

介護施設に入居している方が履くスリッパや上靴はスーパーなどの靴売り場にあるものではなく、ドラッグストアや介護用品専門店で扱っているものがオススメです。

店員に贈る相手がどんな状況なのかを説明するとアドバイスしてくれますよ。

●パジャマ……脱ぎ着がしやすいものがオススメです。ボタンではなくマジックテープ式で、ウエストサイズが調整できるものがいいですね。
高齢者は紙おむつをするとウエストやお尻まわりがごわごわします。ゆったりサイズのものが喜ばれます。

サイズがわからない場合や聞けない場合はひざかけやハーフサイズの毛布、ベストなどが安心です。
抱き枕もさびしいときに抱いて寝ると落ち着くという方がいらっしゃいます。

寝たきりになったときに床ずれ防止に使うこともできます。

こういったもの以外ならばバスタオルやフェイスタオルは何枚も必要なので、歓迎されますよ。

一方、避けたいのは危険なものです。
陶器のマグカップや茶碗などは落として割れる危険性があります。
手元に力が入りにくいので施設ではプラスチック製のものを使っているケースがあります。
避けた方が無難ですね。

同様に写真立ても落として割れることがあるので、避けた方が無難でしょう。

まとめ

敬老の日の前後は施設でもイベントをするでしょうが、やはり身内が顔を見せてあげるのが一番喜ばれます。

顔を出して優しい言葉をかけてあげてくださいね。

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
よく読まれている記事

Sorry. No data so far.

カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ