秋肌の乾燥,口のまわり乾燥

みのりある日々~お役立ち情報

みのりある日々になるように、生活に役立つ記事をお送りします

秋になると口のまわりが乾燥する女性必見!乾燥の原因と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


肌の悩み

秋風が吹いて涼しくなる季節は過ごしやすくてうれしいのですが、空気が乾燥すると同時にお肌も乾燥してきます。特に女性では口のまわりがカサカサになって悩む方が増えています。秋になるとどうして肌が乾燥するのか、そして特に口のまわりの乾燥にはどうすればいいのか。原因と対策についてご説明します。

スポンサードリンク
  

秋になると肌が乾燥する理由はこれ!

暑い夏の間は湿度が高い上に汗をかくので肌はべたべたしています。

ところが秋になると空気が乾燥します。それと同時に肌も乾燥してきます。
肌の乾燥というと冬の悩みのように思うかも知れませんが、乾燥は秋から始まっています。

秋に肌が乾燥する原因のひとつは、夏の過ごし方にあります。

●紫外線の影響を受けている……夏の強い日差しを受けていると肌の細胞(表皮細胞)はダメージを受けています。肌には角質層がありますが、この角質層の保湿機能が低下しているのです。
紫外線は海水浴やプールだけでなく、毎日の通勤や買い物など少しの時間外に出るだけでも浴びています。その影響が秋になって出てくるのです。

●汗を拭くために顔をゴシゴシこすること……暑い時期、タオルで顔をゴシゴシ拭いていませんか?汗が出たら拭くのは大切なことです。しかし、肌をゴシゴシこすると肌に刺激を与えてしまいます。柔らかい桃をゴシゴシこすると皮が削れるのと同じことですね。汗を拭くときはこすらずにタオルやハンカチでそっと押さえるようにしてみましょう。

また、季節の変わり目の影響を受けることも原因になっています。

●皮脂の分泌が減る……気温が下がると肌から出る汗や皮脂が減ってきます。肌を守る機能である皮脂が減少するために、肌が乾燥してカサカサになってきます。

●肌の新陳代謝が低下する……肌の細胞は常に新陳代謝を行っています。
しかし、秋になると気温が下がる→毛細血管が収縮して血行が悪くなる→皮膚に栄養が届にくくなる→肌の新陳代謝が低下する……という悪循環が起こります。

こういったさまざまな原因が秋になると一気に起こるのです。


秋によく起こる口のまわりの乾燥対策おすすめの方法

口のまわりは特にお手入れがおろそかになりがちです。
口のまわりの乾燥対策としては、まずは保湿をすることが大切です。

保湿成分が多いスキンケア商品(化粧水や美容液、保湿クリームなど)を多めに使うようにしましょう。

そして、洗顔や入浴にも注意が必要です。
気温が下がってくるとシャワーではなく湯船につかりますが、熱いお風呂は皮膚の保湿成分が落ちる可能性があります。
身体を温めるために入浴はオススメできますが、入浴後はすぐに化粧水→美容液または保湿クリームをたっぷり塗るようにしましょう。

また、洗顔で顔をゴシゴシこするのはNGです。肌に刺激を与えないように、ネットなどに洗顔剤をつけてしっかり泡立ててから、泡で顔を洗うようにしましょう。

化粧水はアルコール系は避けて、ビタミンC誘導体やセラミド配合のものがいいですよ。

口元の乾燥がひどい場合の対策

口のまわりを重点的にパックをしましょう。
特に市販のものでなくてもかまいません。

化粧用のコットンに保湿成分が多い化粧水をつけて5分ほど口のまわりに貼りつけてます。
上からラップをすると蒸発を防げますが、そのままでも大丈夫です。

パックをはがしたらすぐに乳液や美容液、クリームなどをつけておきます。

粉が吹くほどに乾燥がひどい場合は寝る前にワセリンを塗るのがおすすめです。

ビタミンB群が取れるサプリメントを取ったり、ビタミンが多い野菜や果物を取るなど食事も見直してみましょう。

まとめ

乾燥がひどくなると肌がヒリヒリして痛みを感じることがあります。
また、メイクがうまく乗らないとか、メイクが刺激になって肌あれになることも。

できれば夏の間から気をつけたいのですが、乾燥を感じてからも肌の手入れや生活を見直してみましょう。

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
よく読まれている記事
カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ