唐辛子ダイエット,唐辛子カプサイシン,カプサイシンダイエット

みのりある日々~お役立ち情報

みのりある日々になるように、生活に役立つ記事をお送りします

唐辛子に含まれるカプサイシンでおいしくダイエットする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


唐辛子

ピリッと辛い唐辛子には、「カプサイシン」という成分が含まれています。このカプサイシンには代謝をUPする働きがあります。食べると汗をかくだけでなく、ダイエット効果も期待できるんですよ。そこで今回は唐辛子のカプサイシンを生かしてダイエット効果があるおいしい食べ方をご紹介します。

スポンサードリンク
  

唐辛子のカプサイシンがダイエットにいい理由

唐辛子に含まれるカプサイシンは、摂取すると脳の中枢神経を刺激します。
その結果、アドレナリンなどのホルモンを分泌してくれます。このアドレナリンは脂肪を分解する酵素(リパーゼ)を活性化させて脂肪燃焼を活発にする働きがあります。

その結果、唐辛子を食べる→カプサイシンが脳の中枢神経を刺激する→アドレナリンが分泌される→脂肪が燃焼される
ということになります。

辛い唐辛子を食べると汗が噴き出ますが、これは一時的に代謝がUPし、体温が上昇しているからです。

さらにカプサイシンには便通をよくする働きがあります。
カプサイシンが消化管を刺激し、腸のぜん道運動が活発になります。唐辛子には食物繊維が多いことも便通の改善に役立ちます。

ダイエットをしたいと願う人の中には便秘の方が多いようですが、唐辛子は便秘解消にも役立ちます。

またカプサイシンは血行をよくする働きがあります。その点でもダイエット効果が期待できます。

唐辛子でダイエット効果を発揮する食べ方

唐辛子には辛みが少ないものから激辛までさまざまな種類があります。

あまり辛い唐辛子(カプサイシン)を大量に摂取することは有害といわれていますが、それは1日に1㎏も食べた場合の話です。

通常の食事におかずとしてたべる分には健康面での問題はありません。

ダイエット効果を高めるメニューをご紹介します。


青唐辛子パスタ


パスタ
(材料)2人分
・パスタ 200g
・青唐辛子(ししとう) 8本程度(1㎝程度に切っておく)
・調味料(オリーブオイル、にんにくのみじん切り1かけ分 コンソメ1個)
・ごま油

(作り方)
1.パスタをたっぷりの湯でゆでる
2.青唐辛子(ししとう)は縦に切って種を取り出す

ししとう種
3.青唐辛子(ししとう)を1㎝程度に切る

ししとうを切る
4.フライパンを熱してオリーブオイルを入れてにんにくのみじん切りを炒めて香りを出す

5.そこに刻んだ青唐辛子を入れて炒め、水50ccとコンソメ1個を入れてコンソメを溶かす

6.そこにゆでたパスタを入れてからめたら完成


オリーブオイルはコレステロール値を低下する働きがあります。オリーブオイルに含まれるオレイン酸は満腹中枢に働きかける作用があるのでダイエットにはオススメです。

また、抗酸化作用があるので、アンチエイジング効果も期待できますよ。

青唐辛子 じゃこ炒め


唐辛子炒め
(材料)
・青唐辛子(ししとう) 10本
・ちりめんじゃこ 50g
・調味料(しょうゆ 大さじ2、みりん 大さじ2 酒大さじ1 )
仕上げに使うごま少々

(作り方)
1.熱したフライパンにごま油を入れ青唐辛子とちりめんじゃこを入れて炒めて、唐辛子に火が通ったら調味料を全部入れてからめます。

ししとう炒め
2.仕上げにお好みでごまを振りかけます。

常備菜として作り置きができるので、多めに作っておくといいですよ。ダイエットでも欠かしたくないカルシウムもバッチリ取れます。

唐辛子は特に「メニュー」と肩ひじ張らなくても、サッと炒めてしょうゆをかけて食べるだけでもおいしいですね。
大量に食べるのはよくありませんが、毎日少しずつ食事に取り入れてみましょう。




唐辛子のカプサイシンの健康効果

唐辛子にはダイエット以外にも多くの健康効果があります。

汗をかく・・・唐辛子を食べて汗が出るのは代謝がよくなっているからですが、それ以外にも味覚を刺激して汗が出る「味覚性発汗」という機能があります。
汗は体温調節や老廃物を排出する働きがあります。無理をしてたくさん食べる必要はありませんし、無理に激辛の唐辛子を食べて大量に汗をかこうとしないでくださいね。
日本で取れる一般的な唐辛子で大丈夫ですよ。

老化を防ぐ・・・加齢やストレスなどさまざまな要因によって体は酸化していきます。細胞が酸化するとシミやしわが増えるほか、さまざまな弊害が出てきます。
唐辛子にはカロチンやビタミンA,ビタミンC、ビタミンEが多く含まれています。ビタミンAとC、Eは「ACE(エース)」と呼ばれるほど人の体には有益な働きをします。

抵抗力を高める効果や抗酸化作用があります。意外なことですがビタミンCはレモンよりも多いそうですよ!

便秘の解消・・・これは先ほどもご紹介した通りで、腸のぜん動運動を活発にするほか、食物繊維が多いことも便通の改善に役立ちます。

まとめ

唐辛子は安く手に入る上に調理も簡単です。
ぜひ毎日の食事に取り入れてみましょう。

ただし、激辛の唐辛子を大量に食べるのは体にとっていいことではありません。
無理をしたり、遊び心で挑戦したりといったことは控えましょう。

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
よく読まれている記事
カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ