七五三意味,七五三マナー,七五三神社

みのりある日々~お役立ち情報

みのりある日々になるように、生活に役立つ記事をお送りします

七五三の意味は何?いわれとマナーを知っておこう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


七五三千歳あめ

七五三はかわいいわが子の成長を祈る古来からの儀式ですが、いわれは何なのでしょうか?7歳、5歳、3歳という年齢にはどんな意味があるのか、有名な神社がいいのかどうか?そして七五三のときに気をつけたいマナーなど知っておきたい「七五三の基本」について解説します。

スポンサードリンク

七五三の由来と意味

七五三は平安時代の貴族社会で生まれたものといわれています。
平安時代は疫病が流行り、しかも医療があまり発達していませんでした。
病気の快復は陰陽師(おんみょうじ)に占ったり、祈祷(きとう)をしてもらったり・・・といった非科学的なことが多い時代です。

子どもの死亡率が高く、無事に大人になるまで成長するのはなかなか大変だったと思われます。

そこで、子どもの成長を神社にお参りして祈るという七五三の行事が始まりました。

七五三の7・5・3の意味は?
子どもの成長を祈るのなら2歳でも4歳でもいいと思いますが、あえて七五三の年齢を選んだ背景には中国の思想の影響を受けていると考えられています。

中国ではお祝い事には奇数を選ぶそうです。それが日本に持ち込まれ、定着したのでしょう。

七五三は何をする行事?

七五三は神社にお参りに行くほかに、次のような意味があります。

3歳…「髪置」(髪を伸ばし始める)
5歳…「袴着(はかまぎ)」(男の子が袴を着け始める)
7歳…「帯解(おびとき)」(女の子が帯を締める着物を着始める)

3歳といえば髪の毛が伸びてきて、自毛で髪が結えるようになります。
また、落ち着いて袴を着られる年齢という意味があるのでしょうか。

いずれのひとつの成長の節目なのです。

ちなみに皇室では「着袴(ちゃっこ)の儀」という行事が行われます。これは一般社会の5歳で行う七五三と同じ意味の行事で、きちんと袴を着用されます。

七五三が11月15日になった理由

現代人は「七五三は秋の紅葉シーズンでいい気候なので出かけやすいな~」なんて考えがちですが、11月15日に定着したのにはさまざまな説があります。

よく言われているのは江戸時代の徳川綱吉(5代将軍)の話です。
綱吉が自分の子どもの髪置(3歳の祝い)の日取りを決める際にいつがいいか部下に調べさせた結果、この日(11月15日)が吉日と出たから」というものです。

一方、徳川3代将軍家光が、病弱だった綱吉を心配して、無事に成長することを祈って袴着の儀式を行ったのが11月15日だったという話もあります。

いずれにしても11月15日に定着したのは平安時代ではなく意外と最近(と言っても400年も前ですが)なのですね。
ただし、どうしても11月15日にお参りに行かなければいけないということではありません。

今は10月~11月中で家族の都合がいい日を選んで参拝されるといいでしょう。
写真撮影は前撮りと言ってかなり早くから撮影される方が増えています。
それぞれのご家庭で都合のいい方法を選ばれるといいですね。

七五三の年齢は数え?満年齢?

数え年というのは生まれた年を1歳とする考え方です。
今は生まれた年は「0歳」と呼びますが、昔は生まれたら1歳でした。

で、以前はこの数え年の3歳、5歳、7歳で七五三の行事をしていましたが、最近は満年齢でも構いません。
地方や家庭によってそれぞれの風習があるので、それに従いましょう。

また、子どもが七五三を迎える年齢にママが下の子を出産する時期と重なるという場合もあると思います。
その場合は無理をせずに1年ずらすといいでしょう。

七五三でお参りする神社は有名なところがいいの?

大きな神社は七五三のシーズンになると多くの親子連れが参拝してにぎわいます。
「なんだか有名な神社の方がご利益がありそう…」なんて考えてしまいそうですが、決してそんなことはありません。

本来は子どもの成長を守ってもらうという意味なので、自宅の近くにある氏神様で大丈夫です。

ただし、神官がいない神社が増えているそうです。そのため、必ずしも氏神様にこだわる必要はありません。
自宅から行きやすい神社で祈祷をしてもらうといいでしょう。

なお、祈祷を受けるには初穂料として5000円や1万円が必要です。
宗教上の理由で祈祷を受けないということも可能ですし、七五三だから祈祷を受けなければいけないということはありません。
(ご祈祷を受けると千歳あめがいただけますが、これはスーパーで買ってあげてもいいでしょう)

家族で参拝してお賽銭を奉じてお祈りをしておきましょう。

また、有名な神社は駐車場や駅から離れていて歩く距離が長い上に参拝客が多いために小さな子どもは疲れてしまいます。無理をして自宅から遠い神社にお参りすると、行くだけで子どもが疲れて現地でぐずってしまうという結果になります。

せっかくの七五三のお祝いなので、無理のない範囲で行動することをおすすめします。

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
よく読まれている記事
カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ