七五三男子袴,七五三袴トイレ,七五三袴選び方

みのりある日々~お役立ち情報

みのりある日々になるように、生活に役立つ記事をお送りします

七五三 3歳の男の子の袴の選び方とトイレの方法はこれでOK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


七五三袴

七五三で3歳の男の子の衣装に袴を選ぶ方が多いのではないでしょうか。普段の生活でははかまはなじみがないものだけに、選び方や着付け方、トイレの方法など戸惑う方が多いようです。
神社や食事に行ったときに困らないように、3歳の男の子の袴の着付け方、トイレの方法と袴の選び方をご紹介します。

スポンサードリンク

七五三の男の子の衣装は和装?洋装?

七五三では男の子の場合、和装なら袴、洋装ならスーツが定番になっています。

こちらのページでもご説明している通り、もともと七五三の5歳は「袴着」の儀式の意味があるので、袴が基本です。
ただし、七五三のとき以外は着る機会が少ないので、スーツでも構いません。

もし親せきの結婚式があることがわかっている場合でも、男の子は袴ではなくスーツを着用するので本当に袴は出番が少ないものです。

兄弟がいて弟にも使えるとか、いとこに男の子がいる場合などは1着買っておいてもいいでしょう。

袴はレンタルもありますが、最近は必要なものがセットで安く販売されているので購入する方がお得です。

七五三の男の子の袴に必要なもの

和服の生活をほとんどしない現代社会では、着物の小物といってもピンと来ない方がほとんどではないでしょうか。
ましてや袴となると、何が必要なのかわからないと思います。

基本的に袴には次のものが必要になります。

【袴一式】
着物・袴・羽織・襦袢(じゅばん)、白半襟、角帯、羽織紐、腰紐、足袋、ぞうり(雪駄)
懐剣(かいけん)、扇子、お守り

これらは貸衣装屋さんでレンタルする場合はほとんどセットになっています。
また通販サイトで購入する場合もセットになっているものを選ぶといいでしょう。


ただし、レンタルの場合は足袋は自分で用意するように指示されることがあります。

七五三で3歳の男の子の場合は被布でも可能

被布というのは見た目は着物ですが、着物のように固い帯を締めないものなので、小さな子どもでも安心して着せられます。
女の子は七五三で3歳のときは被布を着用することが多いのですが、男の子用もあります。

七五三被布
見た目にもかわいいし、着せるのも簡単です。何より着ている子ども自身が楽なのでおすすめできます。
被布ならお正月に着て初詣に行くこともできますよ。

ただし、見た目がちょっと幼く見えるので5歳になると着られないというデメリットがあります。
それを考慮して選んであげてください。

七五三で3歳の男の子に袴を選ぶ場合のポイント

袴には女性のロングスカートのようになった「行灯袴(あんどんはかま)」と、キュロットスカートやガウチョパンツのようなスタイルの「馬乗り袴」の2種類があります。

大人になると馬乗り袴の方が歩きやすいし、見た目にもカッコウがいいのですが、七五三で特に3歳の男の子の場合は「行灯袴」を選んであげてください。

こちらの方がトイレをさせるのに楽だからです。

七五三の袴でトイレをさせる方法

行灯袴はロングスカートをイメージしていただいたらわかる通り、すそをまくりあげることができます。
トイレですそを上げるだけなので、大便でも問題なくできます。

一方、馬乗り袴の場合は一度腰ひもをほどいて袴自体を下げないといけません。
用を足したあとはまた腰ひもを結んで袴の形を整える必要があります。

袴の脱ぎ着に慣れていないとなかなか大変です。

もちろん着用する前にトイレに行かせることや水分を控えることなどは大切ですが、生理現象なので無理に抑えることはできません。

そこで袴を選ぶ場合はスカートのような筒形になった「行灯袴」を選んであげましょう。

まとめ

七五三は袴着の祝いと言われるほど男の子にとっては袴が定着しています。
しかし、それは古代のしきたりに従っての話で、現代社会ではもっと実用的に着回しができるスーツや普段よりも上質の洋服でも問題ありません。

もし袴を購入する場合はトイレがやりやすいように「行灯袴」を選ぶのがポイントです。
小物もセットになったものを選ぶと便利ですよ。

すてきな七五三の思い出ができますように!

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
よく読まれている記事
カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ