スタッドレスタイヤ選び方,スタッドレスタイヤ性能

みのりある日々~お役立ち情報

みのりある日々になるように、生活に役立つ記事をお送りします

スタッドレスタイヤを初めて購入する人必見 選び方のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


スタッドレスタイヤ

スタッドレスタイヤは寒くなってから取り換えるより、秋口に交換するのが安心です。急な寒波で積雪したり、路面が凍結したりして帰れないということのないように早めに準備をしておきましょう。
ただスタッドレスタイヤはメーカーによって性能がさまざまです。特に初めてスタッドレスタイヤを購入する方は、何を基準に選べばいいのかわからないのではないでしょうか。
そこでスタッドレスタイヤを購入する際のポイントをご紹介します。ぜひ早めに準備してくださいね。


スポンサードリンク
  

スタッドレスタイヤの選び方で重要なポイント

スタッドレスタイヤは積雪した道やアイスバーンのように路面が凍結したときでもスリップしないために必要なものです。

そのため、スタッドレスタイヤに求められる性能は

・凍結した路面での走行性能
・積雪した路面での走行性能
・燃費
・長持ち

この4つになります。

凍結した路面でもすべらないスタッドレスタイヤ
凍結した路面ですべらない性能のことを「氷上性能」といいます。

そもそも氷自体はすべるものではありません。
しかし、氷の表面が溶けてくるとその水分ですべってしまうのです。

早朝や深夜は水蒸気や雪が解けた水分が凍って、アイスバーン状態になっています。
見るからにすべりそうですが、アイスバーンですべるのは氷のせいではなく車の重みで氷の表面が溶けて薄い水の膜ができるからなのです。

タイヤと路面の表面にある水によってスリップをします。

そこでスタッドレスタイヤには水分を吸収するゴムを使用しています。
この性能によって氷上性能に差が出てきます。

スタッドレスタイヤを購入する場合は「氷上性能」をチェックしてみましょう

雪道でもすべらないスタッドレスタイヤ
凍結の次に怖いのが積雪です。

特に雪が積もってふわふわになったときはハンドルを取られてすべりそうになります。
一方、ある程度車が走って雪が踏み固められると、案外怖さは薄らぎます。

この雪道を走るときの性能のことを「雪上性能」と呼びますが、タイヤメーカーは今まで雪上性能の向上に取り組み、一定の成果が得られるレベルに来ています。
そこで今は氷上性能のUPに取り組んでいるところです。

なので現在販売されているスタッドレスタイヤの多くは雪上性能に関しては高レベルにあるといえます。

スタッドレスタイヤの燃費
すべりにくさという性能に加えて重要なのが燃費です。

以前は夏のタイヤに比べるとスタッドレスタイヤは燃費が悪いと言われていましたが、最近はかなり燃費が向上しています。

各タイヤーメーカーで氷上性能と合わせて燃費もアピールしているので、購入する際には比較されるといいでしょう。

スタッドレスタイヤの寿命
スタッドレスタイヤに限らずタイヤはゴムを使用しています。
そのため車を走らせていても走っていなくても年数が経過すると劣化してしまいます。

一般にスタッドレスタイヤの寿命は3~5年程度と言われています。
「自分は仕事でよく走るから早く減る」と思われるかも知れませんが、そうではありません。
家のガレージに置いたままでも劣化します。古いタイヤをお持ちの方や知り合いから譲ってあげると言われた場合は注意しましょう。

ただ最近は長持ちをアピールしているタイヤが増えています。
「ライフ性能」と表示されているので、いくつかのメーカーで比較してみましょう。

スタッドレスタイヤを買うとき、価格だけに飛びつかないこと!

秋になるとガソリンスタンドや車用品ショップ、タイヤ販売店などではスタッドレスの販売が始まります。

中にはとても安いものが売っています。
その場合はタイヤの製造年月に注意して見てください。

タイヤの側面(ホイールに近い部分)に記号と製造番号の刻印があります。

例えば「2416」という刻印があれば、2016年24週目に製造されたことを示しています。

最初の数字2つが「週目」、次の数字2つが年を示しています。
先ほども書いた通り、タイヤは走っていても走っていなくても年数とともに劣化していきます。
どうせ買うのなら少しでも新しいものがいいということになります。

店頭で安さだけに魅かれて飛びつかないように気をつけましょう。

店員さんは「倉庫できちんと保管していたから劣化していませんよ」というかも知れませんが、それは少しでも早く売りさばきたいからです。

くれぐれも注意してくださいね。



初めてスタッドレスタイヤを購入する人におすすめのタイヤ

店頭にはたくさんの種類のタイヤが並んでいます。
どれを選べばいいのかわからないという方におすすめなのは、やはり国内のタイヤメーカーです。

1.ブリジストン
2.ダンロップ
3.ヨコハマタイヤ

このあたりの最新タイヤなら安心です。
かなり高レベルのタイヤなのでおすすめです。

また、スタッドレスタイヤを購入する場合は、自分が走る地域の積雪量や道路状況などをよく考えて選ぶようにしてください。

例えば仕事の帰りが遅くなる人や早朝出勤がある人、夜勤がある人などは夜間や早朝の路面凍結の心配があります。
その場合は氷上性能を最優先に選ぶといいでしょう。

一方で雪が降る日数は少なくて通常の道路で走ることが多い地方にお住まいの方(だけど、時々は雪が降る場合)は燃費を優先するといいですね。

まとめ

スタッドレスタイヤは氷上性能や燃費、長持ちなどをよく比較してみてください。

そして大切なことは「スタッドレスタイヤだから安心しないこと」です。
スタッドレスタイヤだから絶対にすべらないということはありません。

運転技術や慎重さが必要です。

くれぐれも安全運転を心がけてくださいね。


スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
よく読まれている記事
カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ