赤ちゃん服サイズ,赤ちゃん服選び方,出産祝いヒント

みのりある日々~お役立ち情報

みのりある日々になるように、生活に役立つ記事をお送りします

赤ちゃんの服のサイズと選び方がわからない人のためのアドバイス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ベビー服

赤ちゃんの服を買うときに困るのがサイズです。大人のようにS・M・Lで表示されているわけではありません。また生後3ヶ月と生後半年、1歳ではサイズがかなり違います。
自分の子ども用に買うときも、お祝いなど贈り物として買うときもサイズの意味と選び方を知っておきましょう。

スポンサードリンク

赤ちゃんの服のサイズの基本は身長

赤ちゃんは生まれてから1年間で身体が大きく成長します。

平均的な新生児の身長は50cm、体重は3000gですが、1歳を迎えるころには身長は80㎝ほどになります。つまり、1年間で約30cm前後も増えることになります。
一方、体重は約3倍の9㎏前後にまで増加します。
「日に日に成長する」という言葉がぴったりですね。

1歳を迎えるまでの赤ちゃんの洋服のサイズは身体の成長に合わせて細かく設定されています。

赤ちゃんの服のサイズは10㎝単位

新生児用の赤ちゃんの平均身長は50㎝なので、「新生児用」の服のサイズは「50」となっています。
次に着せるのが「60」、そして「70」「80」と10㎝単位で増えていきます。

ベビー服や子ども服のメーカーによっては75や85というサイズがあります。その場合は対象となる身長が75㎝、85㎝と考えてください。

サイズと月齢、体重の参考になる目安をご紹介します。

サイズ 身長 体重 参考月齢
50 50cm 3~6㎏ 0~2ヶ月
60 60cm 6~9㎏ 3~5ヶ月
70 70cm 9~11㎏ 6~11ヶ月
80 80cm 11~13㎏ 1歳~1歳半
90 90cm 13㎏~ 1歳半2歳


これはあくまでも目安なので実際に購入する場合は赤ちゃんの身長や体重を元に選んであげてくださいね。



赤ちゃんの服を選ぶときは身長を基準にするのがポイント

赤ちゃんの身長や体重には個人差があります。

なかなか背が伸びないという赤ちゃんもいれば、ぐんぐん大きくなる子や太りぎみの子などさまざまです。

なので「生後6か月だからこのサイズ」と決めつけると、大きすぎたりきゅうくつだったりします。

そこで赤ちゃんの服を選ぶ場合は「身長を基準に」選ぶようにしましょう。
また、同じサイズでもメーカーによって大きさが若干異なります。

赤ちゃん本人を連れていくのが一番いいのですが、少し大きめを買っておくと安心です。

なお、赤ちゃんは頭のまわりが大きい子や肩幅が広い子、お腹まわりが大きな子などさまざまな体型があります。
特に頭のまわりが大きな子はTシャツやトレーナーなどを着るときに頭が入らないことがあるので、気をつけましょう。
肩に開閉用のボタンがついているものなら脱ぎ着が楽にできます。

見た目のかわいさだけで選ぶと頭が入らないということになります。
実用第一に選びましょう。

赤ちゃんの服をお祝いに贈るときのポイント

出産祝いに赤ちゃん用の服を贈ることがあります。
子どもはよく汚すので衣類は何枚あっても足らないので、贈ると喜ばれます。

ただし、サイズ選びをよく考えてくださいね。

今すぐ着られる新生児用は避ける
新生児用は生まれる前から準備されている家庭がほとんどです。
出産後すぐに買いに行けないということを考慮して生後2~3ヶ月くらいまでの衣類は用意されているケースが多いのではないでしょうか。

たとえたくさんいるといっても、すでに準備されている上に贈ると余分になってしまいます。
出産祝いではもう少し大きくなってからのものを贈るのがポイントです。

生後半年用の衣類は季節が逆になっている
少し先に着られるものなら…と「生後半年」ごろのサイズを選ぶとどうなるでしょうか?
生後半年ならばサイズは70ですね。
ところが冬に生まれた場合、売り場には冬服しか売っていません。
そこで冬用の70のサイズの服を買うと、半年後は真夏になっています。
せっかくお祝いとして贈ったのに冬服では着ることができません。

次の冬を迎えるころはもう身体が大きくなっていてサイズは80を選ぶことになります。

そうならないようにお祝いとして贈る場合は季節をよく考えてからにしましょう。
1年後や2年後に着られるものを選ぶと喜ばれます。

まとめ

赤ちゃんの衣類は何枚も必要なのにすぐにサイズが変わっていきます。
「もう着られなくなった」ということが多いものです。

しかし、だからといって大きすぎるものを選ぶと動きにくくなります。
逆に無理して小さいものを着せているのもきゅうくつで動けなくなります。

赤ちゃんの服は動きやすいサイズのものを選んであげましょう。

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
よく読まれている記事
カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ