年賀状,喪中はがき,喪中欠礼

みのりある日々~お役立ち情報

みのりある日々になるように、生活に役立つ記事をお送りします

喪中はがきは親族に出すべき?どの人まで出せばいいのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


喪中

家族や関係が近い親族がその年に亡くなった場合は年賀状を出すのを控えます。その代わりに年内に「喪中はがき」を出すのが慣例です。
喪中はがきの印刷は印刷会社や写真プリントをする店、スーパーなどでも注文を受けています。準備は10月ごろから始めて、11月末から12月上旬ごろ(相手が年賀状の準備を始める前)には出すようにしましょう。ところで喪中はがきを出す相手の範囲はどこからどこまでにすべきでしょうか?


スポンサードリンク
  

喪中はがきを出す相手は誰?

喪中はがきは基本的に「年賀状のやりとりをしている相手」に対して出します。

「いつもは年賀状で新年のあいさつをしていますが、今年は身内に不幸があったため、控えさせていただきます」という意味で送るものです。

そのため、毎年年賀状を出していない人にまで送る必要はありません。

よく勘違いされるのが「家族が亡くなったことを知らせるため」というもので、年賀状のやりとりをしていない相手にまで送る人がいますが、その必要はありません。

喪中はがきは親族にも出すべき?

喪中はがきは「年賀状のやりとりをしている相手」だと言っても、お葬式で顔を合わせた親戚にも出すべきでしょうか?

「親戚は○○さんが亡くなったことを知っているから出さなくてもいいんじゃない?」と思うかも知れませんが、上に書いたように「年賀状での新年のあいさつを失礼する代わり」のものなので基本的には親戚にも出します。

喪主や親子・兄弟には出さない

親戚にも喪中はがきを出しますが、さすがに喪主一家に対して出すのはおかしいので出さなくてもいいですね。

例えば、結婚して家を出た人が実家の父が亡くなった場合、実家の母に対して出す必要はありません。
また、同じ考え方で兄弟姉妹にも出す必要はありません。

しかし、叔父や叔母、いとこなどで年賀状のやりとりをしている場合は、お葬式に来て顔を合わせていても喪中はがきは出すようにしましょう。

喪中はがきは仕事関係には出すべき?

これはケースバイケースですが、仕事とプライベートは分けて考えるという人が多いようです。

そのため、仕事上のつきあいで年賀状のやりとりがある相手には喪中はがきではなく普通の年賀状を出すようにします。

相手が自分に不幸があったことを知っていても、そこは割り切っても問題はありません。

喪中はがきを友達にも出すべき?

友達でも年賀状のやりとりをしていたら喪中はがきを出します。

最近は友達関係は年賀状ではなく、年賀メールやFacebookやLINEなどのSNSで済ませる人が増えています。
その場合は年末に
「今年は身内に不幸があったため、新年のあいさつは遠慮させていただきます。
皆さまには本年も大変お世話になり、ありがとうございました。
すばらしい新年を迎えられますことをお祈り申し上げます。
来年も引き続きよろしくお願いいたします」

といった意味の文面をUPするといいでしょう。

まとめ

喪中はがきは「絶対こうでなければいけない」といった厳密なルールがあるわけではありません。

ただ、気をつけるべき点を知っておきましょう。

・喪中はがきは普段年賀状のやりとりをしている相手に出す
・喪主の家に対しては出さない
・親や兄弟など血縁関係にある人が亡くなった場合、親・兄弟間で夢中はがきは出さない
・仕事関係は公私混同を避けて喪中はがきではなく普通の年賀状を出すことが多い

これらを注意して早めに準備しておきましょう。

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
よく読まれている記事
カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ