赤ちゃん虫よけ,幼児虫よけ,虫よけシール口コミ,ディート

みのりある日々~お役立ち情報

みのりある日々になるように、生活に役立つ記事をお送りします

0歳児の赤ちゃんでも安心な虫よけの方法は?シールかスプレーどっち?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


赤ちゃん

暑い夏は日中は外出したくないですが、朝夕の涼しい時間帯は赤ちゃんを外に連れて行ってあげたいですね。ただ、気になるのは虫さされです。都会でも地方でも日本はほぼどこでも蚊に刺されます。デング熱なども心配なので、虫よけ対策をしてあげましょう。
このページでは0歳児でも安心してできる虫よけ対策について書いています。

スポンサードリンク
  

赤ちゃんが蚊に刺されやすい理由

蚊は人や動物の体から出る炭酸ガスを察知して近寄ってきます。
特に体温が高い人は、蚊が「炭酸ガスを発している」と認識しやすくなります。

そのため大人よりも体温が高い赤ちゃんや幼児は蚊に刺されやすくなります。

また、汗をよくかく人は蚊に刺されやすいといわれています
それも理由があります。
汗には「乳酸」が含まれますが、蚊は乳酸に惹かれて近寄ってきます
子どもは頭から流れ落ちるほどの汗をかきますが、それだけ乳酸が多く出ているということです。

つまり、体温が高くて汗をよくかく乳児や子どもは蚊に刺されやすいということになります。
こまめに汗を拭くことが大切ですね。

赤ちゃんの虫よけ対策はシール?スプレー?口コミは? 

虫よけのシールはユーカリなどの成分をしみこませたもので、洋服の上からでも貼れるので人気があります。
特に赤ちゃんは肌が敏感なのでスプレーをためらうママが多いのですが、シールならベビー服の上からでも貼れるので便利ですよね。

ただし、よく動く子どもは貼ったシールがいつの間にか落ちてしまうとか、「においがきつくて気になる」という意見がよくあります。

また、「虫よけシールはあまり効果がない」という口コミも!
せっかく貼ったのに効果がないのは残念ですね。

一方、スプレーはどうでしょうか。
スプレーの方が効果が長持ちしたという口コミが多いようです。
ただ、大人はスプレーでもいいけれど、赤ちゃんや幼児には心配という声が多いのも事実です。

赤ちゃんは肌が弱く、敏感です。
幼児や小学生でもアレルギーを持つお子様はむやみにスプレーはしたくないですよね。

スプレー式の場合はなるべく肌に優しい成分が含まれているものを選んであげましょう。

例えばアロマを使ったものなら安心です。

虫よけスプレーはディートに注意!

虫よけスプレーを選ぶ場合は、成分に注意しましょう。

特に気にしてほしいのが「ディート」という成分です。
これは「ジエチルトルアミド」とも呼ばれる成分で、昆虫などが忌避する働きがあります。

大量に使うとよくないとされています。
特に体が小さな赤ちゃんや子どもには避けてあげたいですね。

ディートが含まれた虫よけスプレーには、生後6ヶ月未満は使用禁止となっています。6ヶ月から2歳未満は1日に1回まで、2歳から12歳未満は1日1~3回までとなっています。

最近は0歳の赤ちゃんでも安心して使える「ディート」を配合していない虫よけスプレーがあるので、そういったものを選んであげましょう。

例えばこちらの虫よけスプレーは【99%以上天然由来 紫外線吸収剤・ディート不使用】アロベビー 国産オーガニックUV&虫除けミストとなっています。
ディートを使っていない上にスプレーではなくミストなのでまんべんなくスプレーできるのでおススメです。



日焼け止めの効果もあるので、夏の外出に持っていくと便利ですよ。

まとめ


赤ちゃんや幼児は体温が高く、汗をよくかくために蚊に刺されやすくなります。

そこで外出の際には虫よけの対策をしてあげましょう。

その場合は次の点を注意してください。

・虫よけシールは口コミでは「あまり効果がない」「動いているうちに落ちてしまう」「においがきつい」などよくないという意見が多く見られます。

・虫よけスプレーはディートを配合しないものがおススメです。

・アロマなど天然由来成分を使用したものがベスト

ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
よく読まれている記事
カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ