氷食症,貧血

みのりある日々~お役立ち情報

みのりある日々になるように、生活に役立つ記事をお送りします

氷食症に注意!氷を食べ過ぎるとどうなるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


かき氷

アイスコーヒーやアイスティーを飲んだ後、グラスに残った氷をガリガリ食べている人、いませんか?

暑い夏はカッチカチに冷えた氷を食べると、すっきりしますよね。
一度に汗が引いていきます。

しかし、このように無性に氷を食べたがる人は貧血の可能性があるそうですよ。
「氷食症」というのだとか!

スポンサードリンク


氷食症とは

氷食症とはその名の通り、無性に氷が食べたくなる症状のことで、一種の「異食症」だといわれています。
ただし、この病的な症状はグラスに残った氷を食べるという程度ではなく、製氷皿の氷を全部食べるほどの量です。

さすがにそれは異常かも知れませんね。しかも、真夏だけではなく、一年を通して氷を食べたくなるそうです。

氷食症の原因

氷食症の原因は鉄欠乏性貧血または鉄欠乏症だと言われています。
鉄分が不足するとどうして氷が食べたくなるのか?
その仕組みは謎なのですが、貧血と氷食症は関係があることは解明されています。

もし異常に氷が食べたくなったら、それは貧血を疑ってみるといいかも知れませんね。
特に若い女性、生理時の出血が多い人、妊娠中の人などは要注意です。

妊娠中は貧血になりやすいのですが、それはお腹の赤ちゃんがどんどん母体の栄養を吸収しているから。
プレママさんは栄養をしっかり取る必要があります。
妊婦検診などで血液検査をして「貧血の疑いがある」と言われたら、意識して鉄分を補給するようにしましょう。

鉄欠乏性貧血の症状

鉄分が不足する貧血の場合は、めまいやふらつきがします。
また、顔色が悪く、常に青白い顔になってきます。
周囲の人から「最近、顔色が悪いよ」と言われたら要注意。睡眠や食事をしっかり取るように心掛けたいですね。
また、疲れやすいとか、だるいといった症状も出てきます。

立ちくらみは危ないので、早く治療を受けるようにしましょう。

以前、妊婦さんが駅のホームで立ちくらみを起こし、線路に落ちて電車にひかれて死亡するという事故がありました。
駅のホーム、階段、横断歩道など外は危険がいっぱいです。
夏場は特に日差しが強く、めまいが起こりやすくなります。

貧血の症状が見られる場合や、氷食症のように異常なほど氷が食べたくなるという場合は病院を受診してくださいね。

また、氷食症のように異物を食べたくなる「異食症」はストレスが関係していることもあるそうです。
ストレスの原因を解消することが大切ですが、それが難しい場合はうまくストレス発散をするように工夫してみましょう。

氷の食べすぎはお腹を冷やすことにつながります。下痢を引き起こすので気をつけてくださいね。
まずは鉄分補給するサプリメントで様子を見るのもいい方法ですよ。

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
よく読まれている記事
カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ