仏壇処分,仏壇不要,仏壇捨てる

みのりある日々~お役立ち情報

みのりある日々になるように、生活に役立つ記事をお送りします

仏壇をごみとして捨てていいの?不要になったときの正しい処分方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


仏壇

仏壇は先祖代々受け継がれるものですが、ときには古くなって買い替えることがあります。また、実家に住んでいた両親が亡くなり家を処分して仏壇の持って行き場所がないということがあります。
さらに仏教の家に生まれ育った人がキリスト教など他の宗教に改宗することもあり得ます。そのとき、仏壇はどうすればいいのでしょうか?
ごみとして捨てるには抵抗がありますね。
そこで不要になった仏壇の正しい処分方法をご紹介します。

スポンサードリンク

仏壇を処分するときの作法

仏壇は自治体の粗大ごみとして処分できるものですが、動かす場合は「御霊抜き(みたまぬき)」という儀式を行います。
これはお寺に依頼して僧侶にお経をあげてもらう儀式です。

仏壇を設置するときの儀式

仏壇は処分する場合だけでなく設置するときもお経をあげてもらいます。
仏壇は買っただけでは「ただの箱」ですが、お経をあげてもらうことで魂が入ると言われています。
この儀式のことを「御霊(みたま)入れ」とか「開眼法要」等と呼ばれています。
宗派によっては「入魂式」「性根(しょうね)入れ」と呼ぶこともあります。

仏壇を動かす場合もお経をあげてもらう

一度御霊を入れた仏壇は、むやみに動かしてはいけないとされています。
ただ、引越しなどで移転する場合は仕方がありませんので、一度「御霊抜き」をしてもらい、移転先に設置してまた「御霊入れ」をしてもらいます。
ただし、同じ家の中での移動(大掃除やリフォームなど)の場合はこの儀式は不要とされています。

御霊入れと御霊抜きの謝礼

法事は親戚にも来てもらいますが、仏壇の御霊入れや御霊抜きはお寺の僧侶に来てもらい、家族が立ち会うだけでかまいません。
謝礼は「お布施」と書いたのし袋にお金を入れて僧侶に渡します。金額は寺院によって異なるので、事前に聞いておきましょう。

仏壇はごみとて処分できる!

仏壇は自治体のごみとして回収してもらうことができます。小さな仏壇は燃えるごみとして出すことができますし、大きな仏壇は「粗大ごみ」として出すことができますが、いずれの場合も寺院に「御霊抜き」をしてもらいます。

小型の仏壇の場合

家庭ごみ(燃えるごみ)用の袋に入るサイズの仏壇なら、家庭ごみとして出すことができます。
ただし、素材に金属が使われている場合は「不燃ごみ」になります。
解体できる場合は解体して木材部分は「燃えるごみ」に、金属部分は「不燃ごみ」として分別して出すようにしましょう。

家庭ごみより大きな仏壇の場合

解体しても家庭ごみの対象よりも大きな場合は粗大ごみとして回収してもらいます。
この場合は事前に自治体に回収の申し込みをして、処理券などを購入に、回収日に家の前などに出しておきます。
自治体は家の中まで入って持ち帰ってくれることはないので、回収日に家族などで家の前まで出しておく必要があります。
近所の人が見たときに「お仏壇を捨てるなんて!」という目で見られる可能性があり、ちょっと抵抗がありますよね。

そのときは「粗大ごみ回収業者」などにお願いする方法があります。
ただし、トラックで町内を回っている回収業者は「無料で何でも回収します」と言っていますが処分料として高いお金を請求することがあるので注意しましょう。

仏壇の処分はお寺にお願いすることが可能

日ごろから法事でお世話になっている寺院のことを「菩提寺(ぼだいじ)」と言います。
先祖代々の法要をお願いする寺院です。
仏壇を処分するときは御霊抜きをお願いしなければいけないので、仏壇の処分を寺院でやってくれるかどうか聞いてみましょう。
御霊抜きはするけれど処分はできないという場合は、どこにお願いすればいいか聞いてみると教えてもらえます。
また、大きな寺院では「お焚き上げ」をしてくれるところがあるので聞いてみましょう。これは寺院内に焼却設備があるもので、煙など環境問題に配慮したものです。
小さな寺院には備えていないことが多いのですが、規模が大きな寺院ではやっていることがあるので相談してみるといいですね。
特に自分が改宗して仏教以外の宗教を信仰する場合は仏壇以外に位牌の処分や供養などをお願いする必要があります。
永代供養などをお願いするといいでしょう。

仏壇を買い替える場合は仏壇店で処分してくれることも


タンスやベッドなど大型の家具を購入すると、古い家具(同じ種類のものに限る)の処分をサービスでやっていますが、それと同じで仏壇を新たに購入した場合は古い仏壇を仏壇店が処分してくれることがあるようです。

処分料は不要だが配送料が必要ということがあるので、確認してみてください。



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
よく読まれている記事
カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ