祇園祭,ちまき,ご利益

みのりある日々~お役立ち情報

みのりある日々になるように、生活に役立つ記事をお送りします

祇園祭のちまきの意味とご利益は?どこでもらえるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


祇園祭粽

京都の三大祭のひとつ「祇園祭」は、平安時代から続く歴史あるお祭で疫病退散が目的で始まりました。
毎年7月1日からほぼ1ヶ月かけて開催され、最大の見どころは7月17日の前祭と24日の後祭の山鉾巡行です。
祇園祭の名物と言えば「ちまき」ですが、これはどこで手に入るのでしょうか?そして、ご利益はあるの?手にした後はどうすればいいのか?などなど祇園祭に関するちまきの疑問をご説明します。

スポンサードリンク
  

祇園祭のちまきのご利益は何?

祇園祭のちまきは、「粽」という漢字を書きます。
これだけ見るとなかなか読めないですよね。

ちまきと言えば5月の端午の節句のときに食べる笹にくるんだお餅のような食べ物を思い浮かべる方がいらっしゃるのではないでしょうか。

ちまき こちらは端午の節句で食べるちまき

祇園祭の粽(ちまき)は食べるものではなく、「厄除け」として家の玄関先などに吊るしておきます。

由来は次のような故事にあります。
その昔、素盞鳴命(すさのおのみこと)が旅先で宿を探していたところ、蘇民将来(そみんしょうらい)という貧しい人が家に泊めてあげました。そのお礼にすさのおのみことが蘇民将来の一家を子孫に至るまで疫病から守ってあげると約束し、その証しとして茅の輪(ちのわ)を腰につけたのが始まりとされています。

医学が発達していない時代、疫病は人の命を奪う恐ろしいものだったので、祇園祭も疫病を退散する目的で始められました。
ちなみに「蘇民将来」と書いた護符は日本各地の神社で授与されているそうです。

祇園祭で授与される粽も同様に「疫病退散」や「災厄を逃れる」「福を招く」といった意味があります。

祇園祭の粽(ちまき)はどこでもらうの?

祇園祭の粽は各山鉾の会所(建っているところ)で買うことができます


それぞれの山鉾の名前が書いてありますよ。

値段も500円~1000円と山鉾によって異なります。

以前は山鉾の上から観客に投げて授与していた時期がありましたが、安全上の理由で現在は行われていません。

ちまき販売 このように山鉾の会所では町内の人や子どもが売っています

祇園祭の粽(ちまき)の販売は期間限定

祇園祭の粽(ちまき)はいつも売っているわけではありません。
多くは7月13日~宵山の7月16日までです。
(山鉾によって異なります)

また、八坂神社では7月1日~31日までです。

祇園祭の粽(ちまき)を買うと山鉾に乗れる!

山鉾によって異なりますが、粽(ちまき)を買うと山鉾の上に乗せてもらえるところがあります。
鉾の中の写真撮影は禁止されていますが、なかなか乗る機会がないので、ぜひ粽(ちまき)を買って乗ってみてはどうでしょう。

どこの山鉾に乗れるかは、こちらのサイトで確認できます。
https://www.kbs-kyoto.co.jp/gion/06junko/hanbai.htm



祇園祭のちまきはどうすればいい?

祇園祭の粽(ちまき)は個人のお守りというよりは、一家のお守りという意味合いがあります。
また、外から疫病や災厄が入ってくるのを防ぐという意味もあるため、家の入り口、つまり玄関に吊るしておくのがおススメの方法です。

京都では多くの家の玄関先に吊るしてあるので、祇園祭に行かれたら何気なく見てみましょう。
家の内側か外側かで迷う方がいらっしゃいますが、正解は「外側」です。
その理由は、疫病神が家に入ろうとしたときに、すぐに見えるようにするためです。

一見、迷信のようですが、京都はこういったおまじない的なことをとても大切にしています。
せっかく祇園祭でちまきを手に入れたのなら、それにあやかってみましょう。

また、ちまきの中は食べるものは入っていませんので、開けて見ないように気をつけましょう。
神社などでもらうお守りを開けて見てはいけないのと同じですよ。

1年間、玄関に吊るしたちまきは、次の年の祇園祭の際に八坂神社に返納します。
神社では古いお札やお守りを納めるところがあるので、そこに納めます。

京都まで行けない場合は近所の神社のお札を納める場所に納めればいいとされています。

祇園祭の粽(ちまき)以外の授与品のあれこれ

祇園祭の縁起物と言えば「粽(ちまき)」をイメージされる方が多いようですが、それ以外にもたくさんの授与品があります。
そのいくつかをご紹介しましょう。

・手ぬぐい……各山鉾のデザインが描かれています祇園祭 うちわ ・扇子
・うちわ
・ミニちまき
・山鉾のレプリカ
・絵はがき
・お守り
・腹帯(妊婦さんが締める帯)
・Tシャツ
・ストラップ
・レターセット

など、さまざまです。
最初に見たところで勢いで買ってしまうと、後で「こっちも欲しい」となるので、まずはいくつかを見て歩いてから決めるといいですよ。

吉兆あゆ こちらは吉兆あゆ。これも縁起物です。

お土産にもぴったりなので、ぜひピンと来るものを探してみましょう。

まとめ

・祇園祭で授与される粽(ちまき)は食べるものではなく、疫病や災厄を除ける魔よけのような役割があります。
・家の玄関に吊るしておき、1年後に八坂神社か近くの神社に返納します。
・巡行中に鉾の上から投げるのを受け取るのではありません。
・各山鉾の会所で販売しています。
販売期間は7月13日~16日
・山鉾によっては粽などグッズを購入すると山鉾に乗せてもらえるところがあります。
・粽(ちまき)以外にもさまざまな授与品があるので、探してみると楽しいですよ。

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
よく読まれている記事
カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ