東北地方人形供養

みのりある日々~お役立ち情報

みのりある日々になるように、生活に役立つ記事をお送りします

東北地方でひな人形・五月人形の処分・供養ができるところをご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


五月人形

置き場所がなくなったり、持ち主が家を離れたりして処分したいひな人形や五月人形は寺院や神社で供養してもいらいましょう。
自治体でごみとしての処分も可能ですが、子どもの成長という祈りを込めて飾っていたものですので、せめて最後はていねいにお礼をしたいものです。

今回は東北地方で人形供養をしてくれるところをご紹介します。
ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

岩手県で人形供養ができるところ


岩手県では赤石神社(志賀理和氣神社)で供養をしています。

804年創建の歴史ある神社で、毎年6月30日に人形納謝祭が行われます。

供養料などは直接神社にお問い合わせください。電話: 019-672-2767

赤石神社(志賀理和氣神社)へのアクセス

アクセス:JR東北本線 紫波中央駅または日詰駅から徒歩約25分です


また、岩手県ではJAの葬祭センターでも人形の供養を行っているところがあります。地元のJAで行っているかどうか、ご確認ください。

宮城県で人形供養ができるところ


人形供養

テレビでも紹介された成田山仙台分院の人形供養祭

仙台市の成田山仙台分院 では修養日以外の毎日、決まった時刻に僧侶が供養を行ってくれます。
その様子はテレビなどマスコミでも紹介されています。

対象となる人形


  • ひな人形
  • 五月人形
  • こいのぼり
  • よろい・かぶと
  • フランス人形
  • 手作りの人形

供養の依頼方法


人形供養祭に参列する場合は修養日以外の毎日、10:30、11:30、13:30、14:30、15:30に持参します。
(修養日はホームページでご確認ください)

寺院の都合にお任せする場合は修養日以外の10:00~17:00の間に持参すればOKです。

いずれも特に予約はいりません。

また、郵送でも受け付けていますが、事前に連絡が必要です。
ホームページの申し込みフォームから申し込みます。

お布施


ミカン箱程度の大きさの箱1個あたりのお布施の金額です。
寺院の都合にお任せの場合は3000円、人形供養に参列する場合は5000円になります。

成田山仙台分院へのアクセス

仙台市地下鉄 東西線青葉山駅から徒歩15分
仙台市営バス 仙台市地下鉄東西線青葉山駅バス停から成田山行き約5分


恵洪寺

受け付けは随時行っています。

お布施は5000円~で、それ以外に仏花2束とお供えのお菓子や果物などを持参します。
詳しくはお問い合わせください。電話 : 0223-22-3468

TEL : 0223-22-3468

恵洪寺へのアクセス

・JR東北本線、常磐線 「岩沼駅」(仙台駅より20分) ⇒ 時刻表
・タクシーで岩沼駅から10分
・岩沼市民バス⇒空港線 「岩沼駅前」~「恵洪寺前」バス停下車

輪王寺


9月に人形供養を行っています。
詳しくは寺院までお問い合わせください。電話:022-234-5327


坪沼八幡宮

坪沼八幡宮は1000年以上も前に創建されました。
坪沼八幡宮では毎年1月15日のどんと祭りの日に人形感謝祭(供養祭)を行っています。

依頼方法

1月14日 午前9時~午後5時または1月15日の午前6時~午前8時30分
に神社に持参します。

郵送などでの受け付けは行っていないので、ご注意ください。

対象となるもの


  • ひな人形
  • 日本人形
  • フランス人形
  • こけし
  • ぬいぐるみ

受付できないもの

ガラスケース、ぼんぼり、屏風などの付属品は対象外です。
また、勝手に送り付けられたものも供養はされません。

供養料

初穂料としてみかん箱1個あたり2000円程度~

電話:022-281-2589
アクセスは車またはタクシーが便利です。

登米市 玉秀寺


玉秀寺では随時、人形供養を行っています。
対象となる品やお布施などは直接寺院までお問い合わせください。電話:0220-52-3453



福島県で人形供養ができるところ


鹿嶋神社

鹿嶋神社では毎年3月27日ごろに供養祭が行われます。
供養してもらう場合は3月5日~3月26日までの間に持参します。
45リットルのビニール袋に入れて持参してください。
(ダンボールは受け付けされませんので、ご注意を。)

対象となる品

  • ひな人形と付属品一式
  • 五月人形と付属品一式
  • こいのぼり
  • よろい・かぶと、武者飾り
  • 日本人形・フランス人形
  • こけし
  • 羽子板や破魔矢

対象外はガラスケース、だるま、手紙などです。

供養料

玉串料として
ひな人形(または五月人形)と付属品一式…5000円
ビニール袋1袋分の人形…3000円
人形やぬいぐるみ1体…500円~3000円


電話:0248-23-3079

御嶽山神社

こちらでも人形を供養してくれます。
希望される方は事前に電話で連絡をして申し込んでください。電話:0248-75-1606

             

人形を海外に贈るボランティアも


寺院や神社で行っている人形供養では祈祷ののちに「お焚き上げ」といって焼却処分します。
しかし、ワールドギフトでは供養は行いますが、その後のお焚き上げはなく、途上国などに送ってリサイクルをしてくれます。

ぬいぐるみや人形などは送れば供養ののち、リユースされるので人形がまた誰かに愛されるという喜びがあります。

供養料

供養の費用とリユースする際の費用(途上国への輸送費用)などがかかります。

  • 縦・横・高さの合計が120cmまで…3900円
  • 縦・横・高さの合計が140cmまで…4400円
  • 縦・横・高さの合計が170cmまで…4900円

なお、供養をせずに再利用だけを希望される方は低料金で依頼できます。

供養を希望する場合も、再利用だけの場合も、事前にお問い合わせフォームから集荷の依頼をします。
その後、返信されるメールにある注意事項を確認して発送の準備をして集荷を待ちます。

人形だけでなく使わなくなった文具なども再利用されるので、部屋の片付けをする際に利用してはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
よく読まれている記事
カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ