梅雨時は湿気が多く、洗濯物がなかなか乾きませんね。部屋の中は洗濯物だらけ……というご家庭が多いのではないでしょうか?
湿気が多い梅雨時でもすっきり乾く洗濯物の乾かし方や干し方、洗濯物のにおい対策などについて、ご紹介します。
ご家庭にあるものだけでできるので、ぜひやってみてくださいね。
うっとうしい梅雨時期ですが、きれいに乾いた衣類を身につけましょう。

 

スポンサーリンク



梅雨時の洗濯物を乾かす方法

梅雨時に室内で洗濯物を乾かす方法には、いくつかあります。

まず、水を蒸発させるためには、どんな条件が必要か考えてみましょう。
答えは……高温と湿度を下げること、そして風です。

例えば外に洗濯物を干せる日で、よく乾くのはどんな天気か考えてみるとイメージできますよ。

真夏の太陽がサンサンと照っている日
冬でもカラッと乾燥している日
温度に関係なく風が強い日

はよく乾きます。

それに近い状態を部屋の中に実現するといいんですよ。

梅雨時の洗濯物を乾かす方法~その1 高温

我が家では梅雨時でも洗濯物を乾かすときには、ファンヒーターをつけます。
室内は湿気があるので、ムシムシしますがファンヒーターの熱風で結構早くに乾きます。
特に急ぐ衣類はファンヒーターの真ん前に置いておきます。

ただ、エアコンの暖房は今いち効果が感じられませんでした。
室内の湿気が多いからでしょうね。
しかも電気代がかかるので、同じ高温でもこの方法はあまりおすすめはできません。

それと一緒に扇風機も回します。
ここでポイントは、扇風機の風は1ヶ所だけでなく室内でグルグルと回すことです。

扇風機の首振り機能を使って、室内の空気を動かしましょう。

そして、もうひとつのおススメは除湿です。
洗濯物を乾かす条件の1つである湿度を下げること。これが重要なポイントです。
エアコンの除湿機能を使うとか、除湿器を使うなどが効果的です。

ただ、最近のエアコンは高性能なのはいいのですが、湿度を下げようとすると室内の温度も下げてしまいます。
結果的にそれだけでは洗濯物はなかなか乾かないということになります。

梅雨時期に部屋でストーブやファンヒーターを入れると暑いのですが、
ある程度衣類を乾かして、後は扇風機の風を当てたり、室内を除湿したりすると
いい感じに乾きますよ。

枚数が少ない場合は、ヘアードライヤーの熱風で乾かすこともあります。
試してみてくださいね。

梅雨時の洗濯物の干し方のコツ

スポンサーリンク




梅雨時の洗濯物を室内で乾かす際のコツとしては、干し方も重要なポイントです。
部屋が狭いからと言って、ギュウギュウ詰めに干していてはなかなか乾きません。

すき間を作って、衣類と衣類の間に風が通るようにしてあげましょう。
目安は、衣類と衣類の間に握りこぶしが1つ入るくらいです。

ハンガーラックなどを利用すると、効率よく干せますよ。

ハンガーラック

ただ生地が厚いズボン類などはハンガーラックにかけているだけではなかなか乾きません。
そういう場合は、裏返しにして靴下などを干す洗濯ばさみがぶら下がっているものに吊るして干すと乾きやすくなります。
また、大きなシーツやバスタオルなどは室内で干すのは難しいので、できればコインランドリーで乾かすのがいいと思います。
でも、それができない場合は、室内でなるべく広げて干しましょう。
イスとイスを離して、そこに広げるなどの工夫をします。

干すときはシワをよく伸ばすことも大切なポイントです。

シワがあるとその部分がしっかり乾かずに、「生(なま)乾き」になってしまいます。
生乾きはにおいの原因になるので、衣類を引っ張ってシワを作らないように干しましょう。

梅雨時の洗濯物で気になるにおい対策

上にも書きましたが、洗濯物のにおいを気にする人が多いようです。
最近はいい香りのする洗剤や、防臭効果のある洗剤が出ているので、それを使うのもいい方法ですね。

においは衣類に雑菌が繁殖することが原因です。
洗濯物が少ないからまとめて洗おうと何日もためておくと、雑菌が繁殖してしまいます。
特に梅雨時は湿気と高温で、菌が増える環境にあります。
こまめに洗濯することが洗濯物のにおい対策として大切です。

また、洗うときは洗濯用洗剤と一緒に「除菌効果」のある洗剤を入れると菌を抑えることができます。
その結果、室内干しのにおい対策ができますよ。

まとめ

梅雨時でも室内で洗濯物を乾かすには、「高温」「湿度を下げること」「風を当てること」の3つがポイントです。

それぞれのご家庭の状況によって使える機器や道具に違いがあるでしょうが、ある物をうまく使って洗濯物をすっきり乾かしてくださいね。

なお、洗濯機に乾燥機能がついているものがありますが、あれは完全に乾くわけではありません。
時間がかかる
衣類がシワになる
などの難点があるので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク