足の臭いをなんとかしたい人におススメの方法

足の臭いに悩む人が多いですね。
特に旦那さんの足の臭いが、結構きついと感じる人が多いそうです。
年齢的にも加齢臭が出る年代ということもあるようです。
でも、調べてみたら、足の臭いは年齢や男女に関係なくあるみたいですね。
私自身も忘年会や新年会などで会場に行ってみたらお座敷だったので、「足の臭い、大丈夫かな?」と不安になってしまいます。
同じ悩みをお持ちの人が多いのではないかな~と思って、今日は足の臭いについて調べてみました。


スポンサードリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-5059065440647345"
data-ad-slot="4271317318">


足の臭いの原因は?

足の臭いの原因は、皮膚に雑菌が繁殖するからだそうです。足に限らず、皮膚には常に雑菌がすんでいます。これを常在菌というそうです。これは人間の身体にとって必要な菌なのですが、高温多湿になると雑菌が繁殖するんですね。
と言っても目には見えないので普段はあまり意識していませんが、それが足の臭いの原因になっています。
足の雑菌が増えると「イソ吉草酸」が増えます。これが足の臭いの原因になっているのですが、このイソ吉草酸は洗っても落ちにくいし、せっかく洗っても翌日に靴下や靴を履くと、また足は高温多湿の状態になってイソ吉草酸が増えるという悪循環になります。

それに足は身体の中でも臭いを出しやすい部分だといわれています。
足が汗をかくといっても、あまり意識していない人がほとんどだと思いますが、実は足の裏には汗腺が多いので、ほかの皮膚よりも汗の量が多いということがわかっています。
それに首筋や額の汗は自分でタオルやハンカチで拭けますが、足の汗を拭くことはまずないですよね。
そのため、足は多湿状態になるわけです。
そこに靴下や靴を履くので、サウナ状態です。そのために足は雑菌の温床になってしまいます。臭いの原因となる菌が増えるので、誰でも足が臭くなるのは当然のことなのです。



足の臭いの対策

足の臭いを取るための対策には、いくつか方法があります。
ただ、「これですべて完了!」という決定打はないので、足のケア、靴下、靴、環境、体質などさまざまな角度から取り組む必要があります。

  • 足のケア
  • お風呂で足の指の間や足の裏を念入りに洗いましょう。さっと洗い流すのではなく、指の間をひとつひとつ念入りに洗うことが大切です。
  • 足を乾燥させる
  • 家では靴下を脱ぐ、職場では休み時間には靴を脱ぐなどして足を乾燥させましょう。
  • 靴下は毎日洗う
  • 洗濯物の量が少ないからと数日分ためていると、臭いが繊維に染み込んでいきます。こまめに洗うことが大切です。
  • 靴は2~3足のローテーションで
  • 同じ靴を毎日履いていると、どうしても雑菌が繁殖してしまいます。また、常に高温多湿状態になるので、臭いがこもりやすくなります。2~3足用意して、交互にはくようにしましょう。

スポンサードリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-5059065440647345"
data-ad-slot="4271317318">


タグ:

カテゴリ:健康 

最近の投稿
よく読まれている記事
カテゴリー
最近のコメント
    アーカイブ

    ページの先頭へ